トップ > 診療科・部門のご案内 > 看護部 > 認定看護師の活動

看護部    ~ 看護部のホームページへようこそ ~


看護部の紹介

認定看護師の活動

看護職員研修

助産師・看護師募集

病院見学・インターンシップのお知らせ


 認定看護師の活動

   認定看護師が活躍しています。

 

 

感染管理認定看護師    


感染管理認定看護師2    

 

感染管理認定看護師
氏 名 : 西本  麻紀

 私は2008年に感染管理認定看護師の資格を取得し専任で活動しています。
 感染管理活動は、患者様また病院職員を感染から守るために非常に重要な役割を担っていると思います。
 感染管理に関する専門的な知識や技術、リソースを用いて、病院内の感染管理活動を推進し、全職員が感染防止対策を実践できるよう中心的存在になる必要があると考えています。

 現在は病院スタッフへの教育や病棟ラウンド、コンサルテーション活動を主に行っています。今年度はもっと現場に出向き、耐性菌検出時などの対策を徹底していくとともに、多職種とのコミュニケーションを図り、組織として確立すべきことにも着手していきたいと考えています。

 しかし、これらの活動は私一人でできるものではありません。ICDをはじめとするICTメンバー、病院スタッフの協力を得ながら組織横断的な活動を行い、有効な感染管理が実践できるように努力していきたいと思います。

 

 

 

認知症看護認定看護師    


認知症看護認定看護師2    

 

 

 

認知症看護認定看護師
氏 名 : 真鍋  光子
所 属 : 循環器内科・心臓外科・呼吸器内科病棟

 認知症看護とは、認知症患者さんの意思表出を補う役割を担い、生命・生活の質を尊重し、安心して療養生活を送れるようにご家族の方も含め支援していくことです。

現在の活動

① 所属している病棟で検査や手術、治療を受ける認知症患者さんへの看護を実践します。
② 認知症看護の専門的な知識・技術を院内、他の県立病院・地域の看護師・介護士への指導を行います。
③ 認知症看護に関わる相談を受け、院内での認知症看護の質向上を目指します。

  平成23年度は自分が所属していない病棟にも出向き、その病棟のスタッフと認知症患者さんの視点に立っ た問題や対策について話し合う機会を持ちました。

 今後も病院のスタッフと協働で、できるだけ認知症の患者さんやご家族の方が安心して治療が受けられ生活できるように、認知症の患者さんの立場・視点に立った生活環境づくりに取組んでいきます。

 

 

 

皮膚・排泄ケア認定看護師    


皮膚・排泄ケア認定看護師2    

 

 

 

皮膚・排泄ケア認定看護師
氏 名 : 高橋  由華
所 属 : 皮膚科外来

 皮膚・排泄ケア認定看護師は、『創傷(Wound)・オストミー(Ostomiy)・失禁(Continence)』の3つの領域を担っています。

 現在の活動内容は創傷については月2回褥瘡回診を行い継続的なケアを行っています。
 オストミーは人工肛門を持つ患者様の全人的ケアと退院後安心して社会復帰が行えるように家族を含めて継続的な支援をおこなっています。
 そして失禁では正しいオムツの選択方法や、使用することで発生する皮膚障害予防のためのスキンケアを実践・指導しています。
 それぞれが人間の基本的欲求部分であること、尊厳を守らなくてはならない重要な領域です。
 今後の課題としてはその3領域に対して、医師・看護師・コメディカル・家族・地域の方々に専門的知識を用いて実践・指導・相談の役割を担い組織横断的な関わりができるよう努力していきたいと思います。
 また、退院してから感じる疑問や不安な点について安心していただけるように患者・御家族様と相談しながら外来でも継続して関わっていきたいと思います。

 

 

 

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師    


脳卒中リハビリテーション看護認定看護師2    

 

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
氏 名 : 木坂  理絵
所 属 : 脳外科病棟

 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師は、「脳卒中に伴う障がいをもつ患者さん、ご家族の方々へのリハビリテーションプロセスを支援する看護」を専門としています。

 救命救急センターを有し、地域の脳卒中急性期医療の役割を担う当院では、医師、理学療法士、言語聴覚士、作業療法士と協働し、発症時期から合併症、再発予防の健康管理をすすめながら、日常生活援助をとおし早期離床、活動性を高める早期リハビリテーションに取り組み、機能回復の促進、セルフケアの再構築につなげています。

 急性期・回復期・維持期へとリハビリテーションが行われる場所が変わる中で、障がいを持つ患者さんが勇気と信頼を携えて、自分らしく歩み続けられるよう、脳卒中地域連携パスを中心に転院先への施設訪問を行い、看護の継続、地域の専門職の方々との連携を深めています。

 

 

 

がん化学療法看護認定看護師    


がん化学療法看護認定看護師    

 

 

がん化学療法看護認定看護師
氏 名 : 麻生  佳織
所 属 : 外来

 がん化学療法看護は、がん化学療法を受ける患者さんやご家族を支え、安全を守っていくことを使命としています。がん化学療法看護認定看護師はがん化学療法が治療の選択肢となった時と、がん化学療法の治療期、その後の経過観察時期の看護を専門としています。 私は2014年にがん化学療法看護認定看護師の資格を取得し、現在は主に外来化学療法を受ける患者さんへのケアを行っています。近年化学療法の場は入院から外来にシフトし、当院においても外来化学療法件数は増加しています。外来では限られた時間の中での関わりとなりますが、患者さんやご家族の日常生活に沿ったセルフケア支援が行えるよう、日々のコミュニケーションを大切にしています。 またがん化学療法に携わる看護師は治療の現場に直接的に深く関わっており、抗がん剤の投与を確実・安全・安楽に実施する必要があります。そのため院内の看護師への指導・相談を通し、がん化学療法看護の質の向上に努めています。今後は専門的知識・技術を生かし多職種と連携することで、チーム医療に貢献していきたいと考えています。

 

 

 

透析療法指導看護師    


透析療法指導看護師2    

 

 

透析療法指導看護師
氏 名 : 白石  君枝
所 属 : 透析室

 わが国における透析患者数は29万人を超え、毎年1万人近いペースで増加しています。
 透析導入となる年齢も高齢化しており、自己管理の大切な透析療法においては今後ますます、患者指導ならびに支援が大事になります。
『透析療法指導看護師』は患者の肉体的・精神的ケアを担うもので、高度化・専門分野が進む医療現場における看護ケアの広がりと質の向上を目的に2003年に発足されました。

① 透析療法において個別的ケアの実践と評価ができる
② 腎不全療法に関する知識と技術を知り,安全で安楽な治療環境を提供できる
③ 患者の長期療養生活を効果的に支援できる
④ 実践的モデルを示すことによって,医療チームに対して指導ができる
⑤ 職場の臨床看護の質向上に主体的に取り組める
という内容の目標を掲げています。透析患者のそばに寄り添い、自身の病気を理解して積極的な治療の参加が行えるよう日々関わって行きたいと思います。

 

 ▲ 看護部のトップページへ戻る            ▲ このページのトップへ戻る