電話番号0897-43-6161

所在地・交通アクセス

トップ > 診療科・部門のご案内 > 放射線部

放射線部

放射線部の主な検査・医療設備の紹介

放射線部では、単純X線撮影・X線透視・CT・MRI・血管撮影の画像診断やシンチグラフィの核医学検査ライナックによる放射線治療など各診療科と連携のもと、検査や治療を行っています。

診 断(画像情報から病気の診断・進行度評価や病変の生検・薬物注入による治療などを行う)

核医学(非密封放射性同位元素を用いて画像診断を行う)

治 療(放射線治療装置により悪性腫瘍等の治療などを行う)

最新の医療機器を使うことにより患者さんの負担を出来るだけ軽くし、高度で精密な検査・治療を安全に遂行することを心がけて業務を行なっています。

 

認定資格(放射線技師)

第1種放射線取扱主任者 1名
第2種放射線取扱主任者 1名
放射線治療品質管理士 1名
放射線治療専門放射線技師 1名
検診マンモグラフィ撮影認定技師 3名
X線CT認定技師 2名
肺がんCT検診認定技師 2名
AI認定診療放射線技師 2名
臨床実習指導教員認定技師 1名

1.一般X線撮影検査


 CR撮影装置

 マンモグラフィ撮影装置
胸部・腹部のほか全身のあらゆる部位の骨のX線検査のほとんどをCR(コンピューテッドラジオグラフィー)システムにより行っており、画像はデジタル画像で診断し保存されています。
マンモグラフィ検査(乳房撮影)はマンモグラフィ撮影認定技師が撮影を行いフィルム・デジタル画像の双方の運用を行っています。

2.X線透視検査


 X線透視装置
 X線透視下でバリウムなど造影剤を飲み、食道・胃・十二指腸・小腸の形態や粘膜など状態を観察しながら必要に応じて撮影を行います。その他、腸重積の整復、外科の術後透視、内視鏡による大腸ファイバーERCP等、多種多様な検査・手術が実施されています。

3.CT

X線を利用し全身の断層像を得る装置です。X線を体の外から360度ぐるりと当ててそのX線の減衰を検出し、そのデータを元にからだのの断面写真をコンピュータで計算することにより画像化する装置です。現代医学には無くてはならない非常に有力な医療機器です。

マルチスライスCT装置


 CT装置(256列MDCT)

X線検出器を複数配列し同時に複数の断層像を得ることが出来るため、短時間に広範囲の詳細な検査が可能なCT装置です。
ヘリカルスキャンをすることにより得られる連続した詳細なデータから体のあらゆる方向の断面や3D画像(立体画像)を作成することも可能です。当院では2017年2月に256列の検出器を備えたCTを導入しました。
この装置により患者さまの負担を最小限(検査時間短縮、撮影回数減少、被ばく大幅軽減)に抑えることが可能になりました。

装置の特徴

  • 広範囲のCT検査時間を大幅に短縮(頭部、心臓は1回転で撮影が可能です。)
  • 広範囲のCT検査でも息止め時間を短縮できます(3~10秒程度)
  • CTの撮影回数を減らせます(1回で精密検査まで)
  • 心臓検査も1回転で撮影可能です(高心拍患者様でも撮影可能)
  • 従来装置と比較して、より被ばくの少ないCTです。
    (小児の検査もより安心して受けて頂くことができます。)
  • 画像診断情報を増やせます。

心臓CT検査は、心臓に酸素や栄養を送る冠動脈と呼ばれる血管に異常がないかを見るための検査で冠動脈の状態や心臓の全体像を鮮明な画像で見ることができます。冠動脈が狭窄したり閉塞したりすると、心臓に十分な血液がおくられなくなることがあり、狭心症や心筋梗塞などの病気が起こります。心臓CT検査により、造影剤を用いて大切な冠動脈の状態を見ることができます。

4.MRI

核磁気共鳴という現象を利用し、体内水素原子核周囲の磁場状態の違いよりからだの断面の写真を作る機械です。縦、横、斜め、からだのあらゆる方向の断面を作成することが容易に可能です。さらに病変の存在や大きさだけでなく、それがどのような成分で構成されているのかの推定が可能であり、また動きやさらには硬さや温度などの情報を得ることができます。機械の中には強力な超伝導磁石があるため、体の中に金属が入っている場合や患者さんの状態によっては検査できないことがあります。当院では1.5T(テスラー)の高磁場型MRIを導入しています。

5.血管造影装置

全身のさまざまな臓器の血管にカテーテルと呼ばれる細い管を通し、造影剤を流してX線装置を使って種々の疾患(悪性腫瘍や血管性病変など)を診断する検査です。動脈、静脈以外に胆管、門脈などを検査する場合もあります。ほとんどの場合、局所麻酔下で安全に行うことができます。手術前に血管の走行を確認する検査、腫瘍や炎症病巣への薬物注入、動脈瘤の治療、血栓の治療、出血病巣の治療などを行っています

IVR(インターベンショナルラジオロジー)画像診断介在下治療

インターベンショナルラジオロジーは、画像診断の技術を応用し治療に役立てようという様々な治療や手技の総称です。英語ではinterventional radiology で、略してIVR と呼ばれます。血管造影のテクニックを応用し色々な治療を行います。例えば、出血が止まらない時にその血管を塞ぐ物質を流して止血する、狭くなった血管を風船付のカテーテルを使い拡張する、悪性腫瘍に対して抗癌剤を集中して流す、などの治療が可能です。以前は手術が必要とされた疾患でもIVRの普及により外科手術に比べ非常に少ない負担で、外科手術と同等またはそれ以上の結果が得られる場合もあります。

心臓カテーテル検査

心臓分野では、不整脈の治療や、心臓を栄養している冠動脈の走行や血流状態の検査し、狭窄部位を拡張させる治療などを行なっています。手術前に血管の走行を確認する場合もあります。


 多目的バイプレーン血管撮影システム

 循環器用バイプレーン血管撮影装置

6.RI核医学診断装置

微量なX線やγ線を出すアイソトープ(放射線性同位元素)を体内に投与し、その分布を撮影したのがシンチグラフィと呼ばれる検査です。さまざまな種類のアイソトープや薬剤を投与すると身体の状態に応じた分布をします。X線写真やCTなどの形や大きさを調べる検査とは異なり、脳・心臓・甲状腺・腎臓・腫瘍など様々な部位や病気の血流・代謝・機能が測定できることにより、ほぼ全身の臓器や組織の性質や活動性などの診断が可能です。また、シンチグラフィの断層撮影のことを特にSPECTと呼びます。体内に投与された放射性同位元素からの放 射線を検知して画像化する機械をガンマカメラ装置といいます。特に心筋シンチグラフィーは、心臓疾患の治療及び経過観察に重要な装置です。

7.放射線治療


 4MVライナック装置
放射線治療の最大の特徴は非侵襲で、機能・形態を温存できる点です。放射線は目に見えず、身体にあたっても何も感じません。腫瘍細胞は放射線にあたると徐々に死滅します。病巣に正確に放射線があたるように、放射線の量及び照射方法を選択すれば、体をほとんど傷つけず、正常な機能を損なわずに治療することができます。
外来診療日

月曜日 ~ 金曜日
(祝日、年末年始は除く)

外来受付時間

午前 / 8:30 ~ 11:00
午後 / 13:30 ~ 16:00

※受付時間は、診療科により異なります。外来診療予定表で、ご確認をお願いします。

外来診察予定表

地域連携室のご案内

採用情報

DPCデータ 病院情報の公表

PAGETOP