小児科

医師の紹介

福田医師

医監小児科部長、小児医療センター長

福田 光成 (ふくだ みつまさ)

《専門分野》   

小児科、小児神経科、てんかん科

《所属学会》

日本小児科学会、日本小児神経科学会、日本てんかん学会

《 資  格 》

小児科専門医、小児神経専門医・指導医、てんかん学会専門医・指導医

 

大藤医師

医監小児科部長、地域周産期母子医療副センター長

大藤 佳子 (おおとう よしこ)

《専門分野》   

小児血液・悪性腫瘍、障害児診療、療育、子ども虐待、乳幼児精神保健

《所属学会》

日本小児科学会、日本小児科医会、日本小児血液・がん学会、日本小児精神神経学会、日本未熟児新生児学会、日本医療保育学会、乳幼児精神保健学会FOUR WINDS

《 資  格 》

日本小児科学会専門医、子どもの心の相談医、愛媛県検案認定医

 

手塚医師

医監小児科部長

手塚 優子 (てづか ゆうこ)

《専門分野》   

小児科一般、小児腎疾患

《所属学会》

日本小児科学会、日本小児腎臓病学会、日本腎臓学会、日本小児腎不全学会、日本小児血液学会、日本アレルギー学会

《 資  格 》

小児科専門医、卒後臨床研修指導医

 

西村医師

小児科医長

西村 幸士 (にしむら こうじ)

《専門分野》

《所属学会》

《 資  格 》

   

 

牧野医師

小児科医長

牧野 景 (まきの あきら)

《専門分野》

《所属学会》

《 資  格 》

   

 

田代医師

小児科医長

田代 良 (たしろ りょう)

《専門分野》  小児科一般、小児循環器 

《所属学会》

日本小児科学会、日本小児循環器学会、日本pediatric interventional cardiology学会、日本循環器学会

《 資  格 》

小児科専門医

 

鎌田医師

小児科医長

鎌田 ゆきえ (かまた ゆきえ)

《専門分野》  

《所属学会》

《 資  格 》

 

浅見医師

小児科副医長

浅見 経之 (あさみ つねゆき)

《専門分野》

《所属学会》

《 資  格 》

   

 


診療科の紹介・特色

 小児科医師5名、病棟看護師25名、看護助手2名、外来看護師5名、クラーク2名で診療にあたっています。( ※新生児・一般小児科を兼任して担当しています。)

5病棟   小児科外来
 小児科病棟(5病棟)    小児科外来

 

1) 外来診療

 急性疾患などの一般診療は毎日午前中に担当医を固定しないで行っています。受付けは11時までですので、よろしくお願いします。予約外来は各医師の枠内で腎疾患、アレルギー疾患などの慢性疾患管理や乳児の発達外来を行っています。専門外来は循環器疾患が毎週金曜日午前中、神経外来が第1,2,4,5木曜日午後、アレルギー外来は毎週月曜日の午後と水曜日の午前午後になっており、いずれも予約が必要です。予防接種は毎週月曜日午後、乳児健診は毎週水曜日午後(3,4ヵ月のみ第3木曜日午後)に行っていますので、電話でご予約ください。外来患者数は年々増加しており、最近は1日平均70名の患者さんが受診されています。
 今後、専門外来の充実とともに、予防接種の多様化に対応し、乳幼児健診がよりスムーズで有意義な形で行われるように努めたいと考えています。

 

2) 入院診療

 小児の入院施設は5病棟全体で新生児治療室が10床(NICU3床、GCU4床、一般(予備)3床)と一般小児24床(個室4床)の合計34床を担当しています。5病棟開設時に新生児治療室以外の改装は行われなかったため、個室が少なくて水道や空調設備が不十分ですが、ハード面のご不満をソフト面で解消していただくべく頑張っています。
 現在の新入院患者数は土日を含めて月約120名、そのうち時間外の入院患者が約4分の1、新生児入院が約2割弱を占めており、急性疾患に対応した多忙な病棟となっています。

 

3) 当科の特色

 当科では、一般小児医療以外に以下の部門に力をいれています。

①新居浜市周辺の紹介患者入院対応(二次救急)
 二次救急対応(紹介患者入院対応)は当科のもっとも重要な役割の一つです。
   開業医の先生からの紹介以外に、新居浜市医師会急患センターの夜間一次救急からの紹介にも住友別子病院と交代で対応しています。また、救急車で搬送される患者の受け入れについても分担制で行っています。三次救急については、愛媛大学附属病院小児科・愛媛県立中央病院小児科・香川小児病院と連携をとって、できる限りの対応をしています。

②新居浜市周辺の病的新生児の入院対応
 H23年4月より地域周産期母子医療センターとして診療を開始しました。施設には大きな変わりはありませんが、スタッフが増員され、診療レベルの充実に励んでいます。
  新生児医療は緊急を要する分野であり、細かい観察と適切な対応能力が要求されるため、スタッフの日々の研修にも力を入れています。また、産科の医師、看護師との連携を密にするために、毎週カンファレンスを開き、症例検討等を行っております。H23年度は新規入院患者が月平均23名と増加し、満床を超える状態もみられます。(詳しくは「周産期母子医療センターのご紹介」をご参照ください。)
 今後は救急対応のみならず、成育医療や子育てについても産科スタッフと協力して対応できるよう努力していきます。

③アレルギー疾患診療
 アレルギー疾患はいずれも長期管理が必要ですので、予約外来として気管支喘息、食物アレルギーなどの治療と管理指導を行っています。食物アレルギーの客観的な評価には食物負荷試験が不可欠であり、現在、軽症型と重症型に分けて、それぞれ日帰り入院(毎週水曜日6名前後対象)、一泊入院(隔週木曜日5名前後対象)の形で行っています。重症な食物アレルギーの患者さんの場合は抗原診断だけでなく、経口寛容誘導(食べられるようにする)も取り入れています。気管支喘息の場合は救急受診が少しでも減るように、日々の管理指導に力を入れています。昨年度導入された呼気NO測定装置は気道の上皮障害の程度を判定して、喘息患者さんの慢性期治療の目安として非常に有用です。今後、気管支喘息治療に関しても呼吸機能などの客観的指標を取り入れて、より細かい指導、管理を目指したいと考えます。

④その他
今年度より新しく専門医を迎えて、腎生検を含めた小児腎疾患の診療が始まっています。新しい治療も行われるため、スタッフは勉強会も行って対応にあたっています。
 児童虐待などの社会的な問題への対応や新生児治療室を退院したあとの患者さんの育児バックアップなどの目的で、保健センターや児童相談所の方々に応援をいただいています。地域連携は今後の大きな課題です。

 

対象疾患

一般の急性疾患(肺炎・気管支炎・中耳炎・腸炎・尿路感染症等)
新生児:早期産、低体重、低血糖、呼吸障害、痙攣、循環器疾患等
慢性疾患管理等
アレルギー疾患:気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー等
小児循環器疾患、小児神経疾患、小児内分泌疾患等
乳児の発達外来、乳幼児健診、予防接種

 

 

 ▲ このページのトップへ戻る