電話番号0897-43-6161

所在地・交通アクセス

トップ > 診療科・部門のご案内 > 脳神経外科

脳神経外科

医師の紹介

武田医師

救命救急センター長

武田 哲二 (たけだ てつじ)

《専門分野》  

脳神経外科一般、救命救急センターの管理、監督

《所属学会》

日本脳神経外科学会、日本脳卒中学会、日本脳卒中の外科学会、日本神経外傷学会

《 資  格 》

脳神経外科専門医、脳卒中専門医

 

田中医師

医監脳神経外科部長

田中 英夫 (たなか ひでお)

《専門分野》  

脳神経外科全般

《所属学会》


《 資  格 》

日本神経内視鏡学会技術認定医、脳神経外科専門医

 

麓医師

医監脳神経外科部長

麓 憲行 (ふもと のりゆき)

《専門分野》  

脳血管障害、頭部外傷

《所属学会》

日本脳神経外科学会、日本脳神経外科コングレス、日本脳神経血管内治療学会

《 資  格 》

脳神経外科専門医

河野医師

脳神経外科技師

河野 大介 (こうの だいすけ)

《専門分野》  

脳神経外科専門医

《所属学会》

日本脳神経外科学会

《 資  格 》


診療科の紹介・特色

「地域から信頼され、必要とされる病院をめざす」という愛媛県立新居浜病院の基本方針を基に、地域の皆様に安心して最適な診療・治療を受けていただくために、高水準の脳神経外科医療の維持・向上を念頭に置いて日々診療にあたっています。
具体的な脳神経外科の診療方針として

  • 迅速で正確な診断
  • 十分な説明とともに、適切な治療方針の選択
  • 安全で負担の少ない治療の提供
  • 患者さんの立場に立った対応
  • 安心して自宅療養ができる継続した支援

を掲げています。

診療科の特徴として、当院には東予地域の3次救急医療を担う救命救急センターが併設されており、センターに収容される重症患者、特に脳血管障害、頭部外傷に対して常時対応できる体制で臨んでいます。そのため頭部CT、MRI検査、脳血管撮影などの検査、開頭手術も24時間いつでも対応できるようにしています。

対象疾患

脳神経外科は、外科的治療を要する脳神経疾患を対象としており、具体的には脳血管障害(脳出血、くも膜下出血、脳梗塞など)、頭部外傷、脳腫瘍、脊椎・脊髄疾患、機能的疾患、先天奇形などの小児脳神経外科、炎症性疾患などですが、実際には救命救急センターを中心とした診療のため、脳血管障害、頭部外傷が多くを占めています。

診療実績・治療成績

図1に過去7年間の入院患者数を示します。
入院患者数全体でみると平成19年から減少しています。これは平成19年からは整形外科の常勤医が不在という状況が続いているため、救命救急センター自体の外傷全般に対する救急対応が困難となり、当科でも四肢外傷を伴った頭部外傷症例の減少による影響がみられています。
平成22年度では400名弱ですが、増加となりました。平成23年度では年度末の平成24年3月、4月にMRI更新のため、2ヶ月間MRI検査が不可能で、脳梗塞急性期治療をはじめとした脳卒中治療全般の診療を制限せざるを得ない状況となり、患者数が激減しましたが、通年では平成22年度と大差のない状況でした。

図2に主要疾患別の入院患者数を示します。
脳血管障害が最も多くなっており、頭部外傷は減少傾向です。脳血管障害の内訳としては、救命救急センターを中心とした救急搬送患者さんが多いため、脳出血、くも膜下出血の出血性脳卒中が他の施設の割合と比較すると若干多くなっています。

次に過去7年間の手術件数を示します(図3)。
手術件数は平成20年度までは大きな変化なく推移していましたが、最近は全体に減少傾向にあるようです。

以上が最近の7年間の診療実績です。入院患者数、手術件数の増減はありますが、救命救急センターを抱えた地域の基幹病院の脳神経外科としてその役割を果たせるように微力ながら努力しています。
しかし、脳神経外科医3名で外来・入院診療、定期手術を行い、更に2次・3次救急対応、緊急手術に対応しているため、守備範囲に限界があります。地域の住民の皆さま、他の医療機関の皆さまにはご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、今後とも宜しくお願いいたします。

施 設 認 定

日本脳神経外科学会訓練施設
日本脳卒中学会認定研修教育病院

そ の 他

脳ドック外来

外来診療日

月曜日 ~ 金曜日
(祝日、年末年始は除く)

外来受付時間

午前 / 8:30 ~ 11:00
午後 / 13:30 ~ 16:00

※受付時間は、診療科により異なります。外来診療予定表で、ご確認をお願いします。

外来診察予定表

地域連携室のご案内

採用情報

DPCデータ 病院情報の公表

PAGETOP