皮膚科

医師の紹介

 皮膚科の診察は愛媛大学病院など他院からの応援医師が行っております。

所属

氏名

専門分野

愛媛大学医学部附属病院
皮膚科

村上 正基

掌蹠膿疱症・乾癬・自然免疫異常(皮膚科専門医)

愛媛大学医学部附属病院
皮膚科

宮脇 さおり

褥瘡、抗加齢(皮膚科専門医)

愛媛大学医学部附属病院
皮膚科

難波 千佳

皮膚科一般(皮膚科専門医)

 

永井 寛

皮膚科一般(皮膚科専門医)

愛媛大学医学部附属病院
形成外科

戸澤 麻美

皮膚悪性腫瘍、頭頚部再建、先天性疾患(小耳症)(形成外科学会専門医、皮膚腫瘍外科指導専門医、がん治療認定医)

愛媛大学医学部附属病院
形成外科

村上 達郎

形成外科一般


診療方針

 地域の皆様に安心して、最適な診療、治療を受けていただくことを目標にしています。

1.迅速で正確な診断を行います。
2.患者様に十分な説明を行います。
3.安全で負担の少ない治療を提供します。
4.患者様の立場に立った対応を心がけます。
5.安心して、自宅療養していただけるよう継続した支援を行います。

 

対象疾患

 当診療科では、皮膚科全般(皮膚、口腔粘膜、毛髪、爪など)に関する疾患の診療を行っています。

《対象疾患》

湿疹、紅皮症、紅斑、紫斑、血管・リンパ管の疾患、じんま疹、痒疹、皮膚そう痒症、中毒疹、薬疹、水疱性・膿疱性疾患、角化症、色素異常症、膠原病、皮下脂肪織炎、皮膚付属器疾患、母斑症、皮膚良性腫瘍、皮膚悪性腫瘍、細菌性皮膚疾患、皮膚結核、皮膚真菌症など

 

 皮膚科対象疾患以外に、下記の疾患についても愛媛大学病院から形成外科医が来院しており、診察を行っております。詳細は皮膚科外来にご相談ください。ただし、保険外診療は行いません。

《対象疾患》

皮膚良性腫瘍、皮膚悪性腫瘍、母斑症、血管腫、先天性疾患(手足の先天異常・唇裂・口蓋裂、小耳症)、顔面・手足の外傷、瘢痕、瘢痕拘縮、熱傷、難治性潰瘍

 

 

 ▲ このページのトップへ戻る