更新日:2021年4月6日

個人情報保護

個人情報保護について

当院は、個人情報を下記の目的にのみ利用し、その取り扱いには細心の注意を払っています。個人情報の取り扱いについてお気づきの点は、総合患者相談窓口までお申し出ください。

当院における個人情報の利用目的

  1. 医療提供
    • 当院での医療サービスの提供
    • 他の病院、診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
    • 患者さんの診療のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
    • 検体検査業務の委託、その他の業務委託
    • ご家族等への病状説明、その他、患者さんへの医療提供に関する利用
    • NCD事業への参加
  2. 診療費請求のための事務
    • 当院での医療・介護・労災保険、公費負担医療に関する事務及びその委託
    • 審査支払機関へのレセプトの提出
    • 審査支払機関又は保険者からの照会への回答
    • 公費負担医療に関する行政機関等へのレセプトの提出、照会への回答
    • その他、医療・介護・労災保険、及び公費負担医療に関する診療費請求のための利用
  3. 当院の管理運営業務
    • 会計、経理、医療事故等の報告
    • 当該患者さんの医療サービスの向上
    • 入退院等の病棟管理
    • その他、当院の管理運営業務に関する利用
  4. 企業等からの委託を受けて行う健康診断等における、企業等へのその結果の通知
  5. 医師賠償責任保険等に係る、医療に関する専門の団体、保険会社等への相談又は届出
  6. 医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
  7. 当院内において行われる医療実習への協力
  8. 医療の質の向上を目的とした当院内での症例研究
  9. 外部監査機関への情報提供等
  10. 公的機関や医療機関への予後に関する情報の問い合わせ

付記

  • 上記のうち、他の医療機関等への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨をお申し出ください。
  • お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
  • これらのお申し出は後からいつでも撤回、変更等をすることが可能です。
  • 病態の告知を希望しない方や、または告知する家族を限定したい方は、主治医にお申し出ください。

匿名加工情報の作成及び第三者提供について

匿名加工情報の作成及び第三者提供する匿名加工情報について

DPC制度導入の影響評価及び今後のDPC制度の見直しを図る目的で、厚生労働省が収集し管理する情報となるデータ(DPCデータ)を作成しております。

また、審査支払機関への請求のため診療に係る費用を診療報酬明細書(レセプト)として作成しております。

DPCデータは、診療録からの情報及び診療報酬明細書からの情報で構成されており、レセプトデータは、医療機関情報・保険者情報・診療行為情報・医薬品情報・特定器材情報等で構成されております。

DPCデータ並びにレセプトデータを利活用することで、医療の質向上等に役立てる事が可能になるため、これらのデータから特定の個人を識別できないようにした匿名加工情報を作成し、第三者へ提供しております。

第三者提供するデータには、氏名、住所、電話番号は含みません。

匿名加工情報の提供方法

データを暗号化後、提供先が運用管理するサーバへアップロード、または、外部記録媒体を郵送する方法で提供します。

匿名加工情報の安全管理

作成した匿名加工情報は、第三者提供後、特定の職員以外からはアクセスできない場所へ保存し、当院で匿名加工情報を目的外で使用することはありません。

匿名加工情報における問い合わせ窓口

当院における匿名加工情報の作成及び第三者提供についてのお問い合わせは、下記までご連絡ください。

愛媛県立中央病院 総務医事課 経営企画グループ
電話:089-947-1111(代表)

ページの先頭へ