更新日:2022年6月7日

腎糖尿病センター

センターの紹介

山師 定
腎糖尿病センター長
山師 定
(やまし さだむ)

2008年8月、腎臓内科、糖尿病・内分泌内科、泌尿器科のチーム医療をさらに推進するために、当センターを設立しました。

国が重点化を進める医療分野の一つである、糖尿病を中心にその大きな合併症である腎不全に対し、当院は、人工透析さらには腎移植など、積極的な医療を展開しています。また、腎尿路疾患の外科的治療において、腹腔鏡やロボット支援手術などの先進的医療を導入し、良好な治療効果を確保しつつ身体的負担の軽減に努めています。

当院の取り組み

フットケア
フットケア

糖尿病看護認定看護師による予防的フットケアを実施しています。足のケアを通して患者さんの生活を理解し、1人ひとりに見合ったフットケア支援を行うことを心がけています。

腹膜透析外来
腹膜透析外来

必要に応じて腎代替療法(血液・腹膜透析、腎移植)について説明を行い、患者さん自身に合った治療法を考えていきます。

糖尿病教室
糖尿病教室(再開未定)
腎移植外来
腎臓移植外来

施設の紹介

診療棟6階に透析室を設けています。

透析室 重症用個室
透析室 重症用個室
透析室
透析室

ページの先頭へ