トップ診療科・各部のご案内>リハビリ部

リハビリテーション部

リハビリテーションとは・・・

 リハビリテーション(Rehabilitation)とは、re (再び、戻す) + habilis (適した、ふさわしい)から成り、 「再び適した状態になる事」、「本来あるべき状態への回復」などの意味を持ちます。つまり、機能回復のみならず 「人間らしく生きる権利の回復」や「自分らしく生きる」ために行われるすべての活動が、リハビリテーションと言えます。

理学療法の目的

 病気、怪我、老化現象など、様々な原因によって生じた心身の障害によって、 運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動能力の維持・回復を図り、日常生活活動(ADL)の改善、 更には生活の質(QOL)の向上を目指し、運動療法・物理療法・ADL訓練、指導などを行います。
 また病気、障害があっても、残された能力を最大限に引き出し、それぞれの人生に合った生活能力を獲得し、 住み慣れた街で自分らしく暮らしたいという一人一人の思いを大切にします。

スタッフ

 当院では、医師1名(兼任)、理学療法士4名、リハビリ助手2名の計7名で、 1階フロア一番奥のリハビリテーション室及び病棟にて、理学療法を行っています。

リハビリテーション室 リハビリテーション室

リハビリテーション室

施設基準

 当院では、運動器リハビリテーションⅠ、呼吸器リハビリテーションⅠ、 脳血管リハビリテーションⅢの認定を受けております。

理学療法の対象

 理学療法の対象者は主に運動機能が低下した人々ですが、そうなった原因は問いません。 病気、怪我はもとより、高齢や手術により体力が低下した方々などが含まれます。 また、運動機能低下が予想される高齢者の予防対策やスポーツ分野でのパフォーマンス向上のための運動療法や、 福祉用具の適用相談、住宅改修相談等も行います。

    疾患別リハビリテーション

  • 運動器リハビリテーション
  •  骨折(大腿骨頸部骨折、脊椎圧迫骨折、鎖骨骨折、上腕骨骨折、前腕骨骨折、下腿骨骨折、踵骨骨折 等) 筋・腱・神経損傷(回旋腱板損傷、アキレス腱断裂 等) 関節疾患(変形性関節症、関節リウマチ、先天性股関節脱臼 等) 脊髄損傷、腰痛、肩関節周囲炎(五十肩)、四肢の切断 各種スポーツ障害 など

  • 脳血管疾患等リハビリテーション
  •  脳血管疾患(脳梗塞、脳出血・くも膜下出血後遺症 等) 神経筋疾患(パーキンソン病関連疾患、多発性硬化症 等) 高次脳機能障害、廃用症候群、小児発達障害 など

  • 呼吸器リハビリテーション
  •  慢性閉塞性肺疾患、肺炎、無気肺、肺気腫 など

渦流浴 物理療法(奥)

渦流浴

物理療法(奥)