トップ診療科・各部のご案内>放射線部・内視鏡室

放射線部・内視鏡室

 放射線部では、様々な医療機器を使って、各診療科より依頼される検査を行っています。 当院の放射線部では一般撮影検査、CT検査,MRI検査、DR検査、血管撮影等の画像診断検査を行っており、 これらの検査結果はPACS上に送信され、各診療科の端末で取り出し結果を確認することができます。

    一般撮影検査

     一般的にレントゲン撮影と呼ばれる検査のことで、主に胸部や腹部、骨等の写真を撮影します。当院 ではCR(Computed Radiography)システムを使用しており、撮影される画像はデジタル画像として運用されています。 一般撮影
  • 胸部
  •  胸部撮影では肺や心臓などの精査、診断を行うための撮影を行います。 胸部
  • 腹部
  •  腹部撮影では腸などの消化管系の精査、また腎臓、尿管、膀胱など泌尿器系の精査を目的とした撮影を行います。 腹部
  •  骨の撮影では主に骨折の有無の診断のため撮影を行います。 また関節炎や脱臼、その他骨異常の診断を目的とした撮影も行います。 骨1 骨2

    骨塩定量検査

     X線を利用して骨密度を測定する検査で、測定値と標準値とを比較することで骨塩量を測定します。検 査結果は骨粗鬆症や先天性代謝性骨疾患、ホルモンバランス以上の診断、病態の解明などに用いられます。 骨塩定量

    CT検査

     CT装置の中心にある大きな輪に体を入れ、体の周りからX線を照射することで体の断面輪切り像を得る 検査です。体の中の病変や血管をより鮮明に映し出すために造影剤という薬を使用し、病気の早期発見 をすることも可能です。また、専用のワークステーションで撮影した画像の立体像を得ることもできます。 CT検査
  • 頭部
  •  頭部領域のCTでは主に頭蓋内出血や脳梗塞などの脳の精査、頭部骨折などの骨の精査、眼窩、 耳鼻科領域の精査を目的とした撮影を行います。造影剤を使うことにより脳内血管の描出などを行うこともできます。
    造影前 造影後 3D画像
    造影前 造影後 3D画像
    クモ膜下出血、脳動脈瘤
  • 胸部
  •  胸部領域では肺、気管、心臓、血管などの状態を精査するための撮影を行うことができます。 本検査では胸部を数ミリ間隔で輪切りにして見ることができ、レントゲンよりもより詳しく観察することができます。
    造影前 造影後 3D画像
    造影前 造影後 3D画像
    大動脈解離
  • 腹部
  •  腹部領域の検査では主に肝臓、胆のう、膵臓、腸、腎臓、膀胱、子宮、 前立腺などの腹部臓器を精査するための撮影を行います。 造影剤を用いることで病態をよりわかりやすく撮影することができます。
    造影前
    造影前
    造影後、動脈相 門脈相 平衡相
    造影後、動脈相 門脈相 平衡相
    肝細胞癌
  •  骨折、その他骨異常の精査をするために撮影します。 本検査でも数ミリ間隔で輪切りにして撮影することでレントゲンでは分かりにくい小さな骨折や病変を 観察することができます。また、専用のワークステーションを用いて3D画像を作成することもできます。
    MPR画像 3D画像
    MPR画像 3D画像
    橈骨、尺骨骨折

    血管撮影検査

     カテーテルという細いチューブを血管内に通して、そこから造影剤を流すことで血管とその支配臓器 の診断を行う検査です。また、血管造影の手技を用いて狭窄した血管を拡張させる、病変の主要栄 養血管を塞栓し壊死させる、出血している血管を塞栓するなどの治療等も行います。 Angio
  • 心臓カテーテル検査
  •  心臓の栄養血管である冠動脈が狭窄もしくは閉塞し血液が心臓に送られなくなった 状態のことを心筋梗塞といいます。本検査では心筋梗塞の診断、治療を同時に行うことができます。鼠径部より穿刺し、 心臓までカテーテルを進め、カテーテルを通じて造影剤を流し冠動脈を描出します。狭窄部位が見つかれば、 バルーン(風船)を膨らましたり、ステントを留置することで狭窄部位を拡張させ治療します。
    施工前 バルーニング 施行後
    施工前 バルーニング 施工後
  • 血管塞栓術TAE
  •  肝臓に肝細胞癌が存在する場合には、下図のように癌の主要栄養血管である肝動脈を 塞栓することで癌細胞のみを選択的に治療することができます。その他異常血管の塞栓や、 外傷による出血を止める場合等の治療も行います。
    施行前 施行後
    施工前 施工後
  • シャントPTA
  •  血管透析には一分間に約200mlという量の血液量が必要となります。 この血液量を得るために動脈と静脈をつなぎ合わせシャントを作成します。 このシャントが狭窄すると血管透析をすることができなくなります。本検査では、このシャントの狭窄の有無を精査し、 狭窄が見られた場合にはバルーン(風船)で拡張し治療します。
    施工前 施工後
    施工前 施工後

    DR検査

     X線による透視下で行う検査です。バリウムなどの造影剤を飲んだ後に食道、胃、十二指腸、小腸など に異常がないかを調べる消化管検査、腎臓、尿管、膀胱等の形態や異常の有無を調べる泌尿器検査、骨折の整復や 脊髄腔の造影等の整形外科検査など、様々な検査を行っています。また内視鏡下で行う検査も行っています。 DR検査
  • 消化管検査
  •  発泡剤により胃を膨らませた後にバリウムを飲み、専用の撮影台に乗り 上下左右に動かしながら、様々な角度からの撮影を行います。主に食道、胃、十二指腸等の精査を目的として行います。
    消化管1 消化管2 消化管3
  • 泌尿器検査
  •  腎盂、尿管、膀胱等を造影することで、泌尿器系臓器の形態、病態などを調べる検査です。 (下図は腎盂~膀胱までの造影)
    泌尿器1 泌尿器2 泌尿器3
  • その他の検査
  •  本検査室では、内視鏡を用いて胆のう、総胆管、膵管等の胆道系を検査し、 結石の除去等を行うERCPという検査なども行っています(右図はERCP画像) ERCP

    MRI検査

     磁石と電波を使用し、縦、横、斜め、人体の様々な断面を撮像する検査です。本院では、1.5T(テスラ)の MRI装置を使用して検査を行っています。MRI検査の特徴として、X線を使用することなく画像を得 ることができる、痛みはない、大きい音がする、検査時間が比較的長い点などがあります。この検査は 磁石を用いているため、検査を受ける際には金属類を持ち込むことができません。 MRI
  • 頭部MRI
  •  頭部MRI検査では、CTなどでは分かりにくい脳梗塞や脳出血、その他頭部疾患の精査を 目的とした撮影を行います。本検査では造影剤を用いることなく血管の描出をすることができ、血管狭窄、 塞栓症などの診断にも有用です。病態によっては、より詳しく調べるために造影剤を使用する検査もあります。
    脳梗塞CT MRI拡散強調画像 MRA画像
    CT画像 MRI拡散強調画像 MRA画像
    脳 梗 塞
  • 脊椎
  •  脊椎MRIでは、椎体や神経の状態をより詳しく知ることができるため、 椎間板ヘルニアや圧迫骨折などの診断に用いられます。
    T1強調画像 T2強調画像 脂肪抑制画像
    T1強調画像 T2強調画像 脂肪抑制画像
    圧迫骨折
  • 腹部MRI
  •  肝臓、胆のう、膵臓、腎臓などの腹部臓器を精査する場合に行います。 本検査では造影剤を使用することなく胆のう、胆管、膵管の状態を描出する(MRCP)こともできます。 MRCP
  • 本検査の注意事項
  •  MRI検査では磁石の力を用いて検査を行っている為、下記のような方は 検査を受けることができない場合があります。
     ○心臓ペースメーカーや人工内耳を使用している方(禁忌となっています)
     ○人工関節や脳動脈クリップ等の金属が体内にある方
     ○入れ墨をされている方
     ○妊娠または妊娠している可能性のある方
     ○閉所恐怖症の方


     また以下のような物は持ち込むことができません。
      金属類:時計、眼鏡、鍵、アクセサリー(ネックレス、イヤリング、指輪など)
      機械類:携帯電話、補聴器など
      磁気カード:キャッシュカード、テレホンカードなど
      その他:入れ歯、カイロ、湿布、ブラジャー等の金属のついた服など


    内視鏡検査

     内視鏡室では、食道、胃、十二指腸などを観察する胃内視鏡検査、盲腸から直腸までの大腸を観察する 大腸内視鏡検査などを行っています。両検査ともに病変等が見つかった場合には生検、治療なども行うことができます。 内視鏡検査
  • 胃内視鏡検査
  •  胃、食道、十二指腸などの病変の有無を調べる検査です。 本検査は主に食道炎などの遠法の有無、食道癌や胃癌などの癌の診断、吐血などの原因部位の特定などを目的としています。 病変の状態によってはその場で治療を行うこともあります。
    胃 胃癌
    胃癌
    止血クリップ施工前 止血クリップ施工後
    止血クリップ施工前 止血クリップ施工後
    止血クリップ
     また、本院では経鼻内視鏡を用いた検査も行っているので、従来の経口型の内視鏡検査で不快感を感じた方でも、 より楽に検査を受けることができます。
    上:経鼻 下:経口 経鼻内視鏡
    上:経鼻 下:経口 経鼻内視鏡
    経鼻内視鏡の方が経口に比べ径が細く、より少ない苦痛で検査を行うことができます。
  • 大腸内視鏡検査
  • <
     大腸(盲腸、結腸、直腸)の病変の有無などを調べる検査です。 本検査では大腸ポリープの有無や経過観察、大腸粘膜の炎症等の診断などを目的としています。 本検査でも、病変の状態によってはその場で治療を行うこともあります。
    大腸 大腸癌
    大腸 大腸癌