肺がん

治療方針

 治療方針の決定については、内科、外科、放射線科の3科で合同カンファレンスを行い、治療方針を決定しています。特に、高齢者、合併症のある方、進行度の高い方などの場合、各科の意見を集約したうえで、患者さんに説明させていただきます。

肺がんの診断

 肺がんが疑われた状況では、病変部分からの組織生検を行い、肺がんの確定診断を行います。主に気管支鏡を用いますが、適度な鎮静薬を用いることによって、できるだけ苦痛を軽減し楽に検査を受けて頂く努力をしています。

 採取した組織は、肺がんの種類(小細胞肺がん、非小細胞肺がん:扁平上皮がんまたは非扁平上皮がんなど)を判定し、必要に応じて遺伝子異常、免疫染色などの追加検査により、今後の治療薬選択の判断を行います。

 肺がんの確定に至った場合は、PET-CTなどを用いて肺がんの広がりを確認し、病期(ステージ)の判定を行います。

肺がんの治療

呼吸器内科における肺がん治療

 手術切除が出来ない全ての肺がん治療を呼吸器内科で行っています。大きく非小細胞肺がんと小細胞肺がんに分かれますが、それぞれ肺癌診療ガイドラインに基づいた標準的治療を実施しています。

 

1.非小細胞肺がん

 医学的な理由で手術が出来ない局所非小細胞肺がん(Ⅰ-Ⅱ期)に対しては、放射線治療医による根治的放射線治療を行います。症例によっては線量の集中性を高める高精度放射線照射技術である定位放射線治療も可能です。

 切除不能局所進行期非小細胞がん(Ⅲ期)では、患者さんの状態が良ければ化学放射線療法(抗がん剤+放射線治療)を行います。更に引き続いて免疫チェックポイント阻害剤を1年間使用することで再発の可能性を低くすることができます。上記の併用療法が困難な方においては放射線単独での治療を検討します。

 転移・再発期の非小細胞肺がん(Ⅳ期)では、さまざまな抗がん剤を個々に合わせて使用します。肺がんになる原因の遺伝子異常が見つかった方(EGFR、ALK、ROS1、BRAFなど)はそれぞれの遺伝子異常に直接作用するチロシンキナーゼ阻害剤を用いて長期の安定を目指します。それらの遺伝子異常を伴わない方は、細胞傷害性抗がん剤や免疫チェックポイント阻害剤、血管新生阻害剤を組み合わせたり単独で使用したりして、それぞれの患者さんに最適な治療を提案させて頂きます。

 体力的に弱っている方においては、無理な抗がん剤治療を行うことによって更に具合を悪化させることがあるため、最初から症状緩和対応が望ましい場合もあります。

 

2.小細胞肺がん

 限局型小細胞肺がんに対して放射線化学療法を、進展型小細胞肺がんに対して化学療法を行います。

 

呼吸器外科における手術治療

 呼吸器外科の治療対象疾患は肺悪性腫瘍(原発性肺がん、転移性肺がん)、肺良性疾患(良性腫瘍、肺嚢胞症、気胸、膿胸)、縦隔胸壁疾患(胸腺腫、縦隔腫瘍、胸壁腫瘍)、胸部外傷(外傷性気胸、肋骨・胸骨骨折、肺挫傷)、など多岐にわたります。 なかでも原発性肺がんは全国的に増加しています。当院における原発性肺がん手術数も、最近では年間100例を超えています

右上葉

 原発性肺がんに対する標準手術は肺葉切除とよばれる手術です。人間の右肺は上・中・下と3つの肺葉に、左肺は上・下と2つの肺葉に分かれています。たとえば右上葉に原発性肺がんができた場合の標準手術は右上葉切除術を行います。近年はCT検査によって、早期肺がんも多く見つかるようになりました。これらのうち、リンパ節転移の可能性が低いと思われるものに対しては、切除範囲を縮小した手術(縮小手術)も増えています。

 

 手術アプローチとしては開胸手術胸腔鏡手術(小開胸を併用する胸腔鏡補助下手術や完全鏡視下手術)がありますが、上記手術を遂行するという目的は一緒です。病変の大きさや進行度、胸腔内解剖構造、必要とする手術内容など様々な事項を勘案して、必要な場合には開胸手術を、可能な場合には胸腔鏡手術を行っています。近年は胸腔鏡手術の割合が80%を超えています。また、必要に応じて化学療法、放射線療法を組み合わせた集学的治療を行っています。

 

 治療選択の主体はあくまでも患者さんです。しかし、病気を宣告されて不安や恐怖、虚無感などに襲われる中で、手術の必要性やその内容を理解するということは、一般の方々には非常に難しいことと思います。少しでもその不安を取り除けるよう、初めてお会いする日に、できるだけ時間をかけて詳細な説明を行うことを心掛けています。

診療実績

肺がん入院患者数・気管支鏡検査数(2009~2015年)

肺がん検査数

 

手術症例の疾患内訳(2013年12月~2016年11月)

手術症例の疾患内訳

院内がん登録データ:肺(2016年1月~12月)

 ※がん登録およびステージとは・・・こちらをご覧ください。

登録数と男女割合

登録数と男女割合

年齢の割合

年齢の割合

詳細部位別登録数

詳細部位別登録数

UICC TNM 治療前ステージ別登録

<症例区分10~31(自施設診断および初回治療実施症例)、癌腫のみ>

UICC TNM治療前ステージ別登録

 

UICC TNM 術後病理学的ステージ別登録

<症例区分20~31(自施設責任症例)、癌腫のみ、観血的治療実施>

UICC TNM術後病理学的ステージ別登録

 

UICC TNM 総合ステージ <症例区分20~31(自施設責任症例)、癌腫のみ>

UICC TNM総合ステージ

 

UICC TNM総合ステージ別 治療の件数 <症例区分20~31(自施設責任症例)、癌腫のみ>

※件数は延べ件数。例えば、外科的治療と化学療法を組み合わせて行った場合には、どちらの項目でもカウントされる。

UICC TNM治療前ステージ別治療の件数