小児医療センター

センターの紹介

小児医療センター長

石田也寸志

 平成25年4月に愛媛県立中央病院に小児医療センターが新設されました。こどもは国の宝であり、日本の将来を担う人材もここから産まれてきます。愛媛県の周産期医療を担っている当院周産期母子医療センターとも協力しながら、こどもたちの医療を少しでも安心できる良いものにしていくための第1歩です。

 日本では少子化が進み、貴重なこどもの発育や病気に対して、家族は過剰なまでに神経質になる一方で、児童虐待の増加を始めこどもを取り巻く環境は必ずしも良くなってはいません。小児医療の特徴は、最初から親を含めた家族をまるごと診る必要があること、内科や外科ほど専門分化していないおかげで、身体的にも心理的にもこども1人を丸ごと診療できることです。

 愛媛県立中央病院小児医療センターでは、小児科(小児内科)と小児外科の緊密な協力体制のもと、耳鼻科、整形外科、脳外科、形成外科、眼科などを含めて総合的にこどもの健康問題を看護師、臨床心理士、院内学級教師、保育士、ソーシャルワーカーなど多職種で集学的に診ていきたいと考えています。また愛媛県の3次救急を担っていることから、高度・専門医療に関しても愛媛の小児医療の最後の砦として、未来を担うこどもたちのために努力していきます。

小児医療センターメンバー

小児医療センターメンバー