看護部長からのご挨拶

ごあいさつ

菅看護部長

看護部長 菅 朋子

 平成29年4月、看護部長に就任いたしました菅です。よろしくお願いします。

 当院は、「県民の安心の拠り所となる病院であること」を目指し、愛媛県の基幹病院として、高度救命救急センター、総合周産期母子医療センターを併設し県内の救急医療の最後の砦としての役割を果たしています。また、安全、安心な医療、看護の提供をめざし、地域の皆様から信頼される病院づくりに日々取り組んでいます。

 看護部は、「常に看護の本質を追及し、ぬくもりのある質の高い看護を提供する」を看護部理念として掲げ、看護の基本である優しく思いやりの心を持って患者さんに寄り添う看護を目指しています。そして、高度急性期機能に対応できる専門性の高い看護実践、そして地域完結型医療の実現に向け、高齢者問題をしっかりと捉え地域と医療連携をすすめ、患者の健康状態やその変化に応じた生活支援を実践できる看護師の育成に力を入れています。

 人の命をあずかる看護師は、私たち自身が心身ともに健康でなければなりません。そのために、職員がお互い認め合い補完し合える職場、専門職としてやりがいを持ち、長く働き続けられる職場を目標に職員みんなで取り組んでいきたいと思っています。

    

看護部長 菅 朋子