看護部長からのご挨拶

ごあいさつ

看護部長

 この度、愛媛県立中央病院看護部長を拝命いたしました。

 当院は愛媛県内唯一の高度救命救急センターをもち、総合周産期母子医療センターとしても重要な役割を担っております。公的基幹病院として、「県民の安心の拠り所となる病院であること」を理念に、病院職員が万全の体制で日々最善の医療提供のために取り組んでおります。

 看護部門は病院職員の約6割を占める最大の組織です。看護部統括責任者として看護師に期待することは、救急医療の最後の砦としての役割を担う病院の看護師として、日々最善の知識・技術・態度の習得のための自己研鑚を怠らないこと。そして、倫理観と人間性を高め、看護師一人ひとりが看護のもつ力と責任の大きさを自覚することです。また、「思いやり(sympathy)」のあるチームワークは、組織の活性化と安定につながります。院内に留まらず、地域との連携においても信頼され、親しまれる病院となるよう「思いやり(sympathy)」を大切にする組織であるよう、一人ひとりが自律して欲しいと思います。

 これからの医療は、病気と共存しながらQOL(Quality of Life)の維持・向上を目指すことが求められています。地域包括ケアシステムにおける当院の役割は、急性期医療はもとより患者さんの生活を見据えた在宅療養支援も求められています。地域へ目を向け、地域とつながり、地域と共に互いの力を引き出し、在宅療養支援の質向上に取り組みたいと考えております。 

 患者さんや地域、県民の期待に応え続けるために、これから当院がどのような使命を担い、どのような価値を創造すべきかを、看護部も共に考え病院経営に貢献したいと思います。

看護部長 山本 格子