専門・認定看護師について

専門・認定看護師について

専門看護師

 専門看護師とは、日本看護協会専門看護師認定審査に合格し、ある特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を有することが認められた看護師のことです。

 

認定看護師

 認定看護師とは、日本看護協会認定看護師認定審査に合格し、ある特定の認定看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することが認められた看護師のことです。

 当院には、以下の専門看護師、認定看護師がそれぞれの分野において活動を行っています。

がん看護専門看護師

武田看護師

がん看護専門看護師

武田千津

 がん看護専門看護師は、がんの予防・診断・治療からターミナル期まで幅広いがんの過程にある患者さん、ご家族のサポーターとして、看護スタッフや医師をはじめとした医療スタッフと 協働して問題に取り組んでいます。 病棟・外来すべての部署を活動の場にして、患者さん・ ご家族に直接かかわると同時に、多職種間のチーム医療の中での調整や、教育・相談・臨床研究 などの活動を行っています。

具体的には・・・

がん相談支援センター 当院への外来通院、入院の有無を問わず、患者さん・ご家族への相談支援活動と情報提供を行っています。
緩和ケアチーム 緩和ケアチームの一員として活動をしています。
がん看護担当看護師 外来通院中の患者さんの症状緩和のお手伝い。医療者からのがん看護に関する相談支援活動や教育活動をしています。

 

  • 緩和ケア研修の様子1
  • 緩和ケア研修の様子2
  • 緩和ケアチーム主催「ホスピス病棟における緩和ケアの実際」研修の様子

がん化学療法看護認定看護師

山下看護師

がん化学療法看護認定看護師

山下広恵

 がん化学療法看護とは、抗悪性腫瘍剤の投与を受ける患者さんやご家族の方への看護を行います。

 現在は「外来化学療法室」での勤務を主とし、抗悪性腫瘍剤の安全・安楽な投与および出現する有害反応を予測し苦痛の軽減を図るように、また、患者・家族の方が自宅で対処できるように共に考え、関わっています。

 平成19年度から現任教育委員会主催で、院内化学療法継続研修(2年間)を開始しました。病院全体での化学療法に関する取り組みや、各部署での化学療法看護への取り組みなど共に活動していきたいと考えています。

 がん領域の活動として、がん専門看護師と共に「がん相談支援センター」で相談支援活動を行い、化学療法に関することを担当しています。

外来化学療法室
外来化学療法室

救急看護認定看護師

災害対策訓練の様子

救急看護認定看護師

山下さつき

災害対策訓練の様子

救急看護認定看護師

矢野奈美

 救急看護認定看護師は2名で活動をしています。院内の急変時対応に関する教育や相談また各病棟でのシミュレーションを通して実践に近い形で看護技術が習得できるように支援しています。また、重症患者さまに対して身体の機能の低下が少ないように早期からのリハビリを安全な環境で実施できるように看護ケアを検討しています。

 事故や急病で受診された患者さまに対しても早期に治療を受けることができるようドクターカー・ヘリなどの導入を行ない、医師と協力して診療環境を調整しています。また発生が予測できない災害に対しても日々、準備を行ない災害時に慌てることなく医療を提供できたり、受傷した方の受け入れができるよう日頃から物品の管理、技術の向上への支援と調整を行なっています。  

災害対策訓練の様子
災害対策訓練の様子

感染管理認定看護師

宇都宮看護師

感染管理認定看護師

宇都宮麻美子

 感染管理は、看護部門にととまらず病院内を横断的に活動しています。

 主な活動は、医療従事者に対して患者さんに安全な医療を提供するための感染対策について指導を行っています。また、患者さんだけでなく、病院で働く全ての職員が病原体に感染しないよう、そして職員を介して患者さんやご家族の方々へ感染症が広がらないような対策を実施しています。

 平成17年度からは、感染対策に関心の高い看護師を対象に院内認定制度を設け、知識・技術の普及に努めています。現在認定者は27名で、院内の感染管理の実践部隊として活躍しています。

  • 感染対策研修会の様子
  • 感染対策研修会の様子
  • 感染対策研修会の様子

手術看護認定看護師

 手術を受ける患者さんにとって身体的安全・安楽が得られるように、手術中の体位に伴う皮膚損傷・神経障害、深部静脈血栓症、ラテックスアレルギーなどの合併症予防や感染防止の啓蒙活動を行っています。

 また、患者さんやご家族の不安や恐怖心が少しでも軽減できるように、手術室看護師による術前・術後訪問や手術を待つご家族に対する術中経過報告の推進などを行っています。24時間緊急手術に対応でき、超緊急手術に対しても迅速な対応ができるように、スタッフ指導・教育を行っています。

 従来の手術室は閉鎖的で、「暗い」「怖い」「寒い」といったイメージがあります。少しでも「明るい」 「安心」「暖かい」と感じ、この病院で手術を受けてよかったと思えるように、各職種や他の部署との 連携を行い、ぬくもりのある質の高い手術医療が提供できるように活動していきたいと思います。

皮膚・排泄ケア認定看護師

久保看護師

皮膚・排泄ケア

認定看護師

久保美千代

 創傷ケア(Wound)/ストーマケア(Ostomy)/失禁ケア(Continence )の3つの分野で 生涯にわたりみなさんの生活を支えます。 排泄の問題は人間の尊厳に深くかかわってきます。たとえ排泄に障害があっても適切に ケアを行えば快適に過ごせます。

  私達の活動は、医師や看護師から人工肛門、褥瘡、失禁ケアの相談を受けて病院の中を 横断しています。患者さま、ご家族の方に専門的な知識や技術を用いて質の高い看護ケアを提供し在宅や施設で褥瘡やストーマの管理ができるよう地域との連携をとっています。また、職員に対して創傷ケア、ストーマケア、失禁ケアのレベルアップのために研修会を開催し専門の看護師が不在の時でも質の高いケアが提供できるようにしています。

和田看護師

皮膚・排泄ケア

認定看護師

和田理枝

創傷ケア(皮膚などに生じた傷のことをいいます)

 多種職と連携をとりながら褥瘡(床ずれ)の予防や褥瘡の治療に関わっています。手術後の創傷に関して創傷治療環境を整える看護ケアを提供しています。近年では各部署で 創傷ケアや褥瘡ケアが定着してきました。

 

ストーマケア

 消化器・尿路ストーマ造設をした患者さんに対して術前から介入しストーマの位置決め、局所環境を整え、心理的サポートも行なっています。 手術後にはセルフケアの習得を支援し、退院後はストーマケア外来でフォローアップをします。また、瘻孔ケアも行います。

 

失禁ケア

 失禁タイプをアセスメントし排泄の管理やスキンケアを実施しています。失禁装具を用いた管理方法や健康な皮膚の生理機能を維持するためにスキンケアを行っています。

 

  • 感染対策研修会の様子 当院の専門分野とチームを組んで、 褥瘡回診を行っています。
  • 感染対策研修会の様子 褥瘡回診前のカンファレンスの様子

新生児集中ケア認定看護師

西田看護師

新生児集中ケア

認定看護師

西田ありさ

目的

 新生児集中ケア認定看護師はNICUに入院する赤ちゃんの後遺症・合併症の予防や発達促進、親子関係形成などの支援を行っています。赤ちゃんの病態の急激な変化を予測し、重症化を予防、生理学的安定を図れるよう、多角的視点から個別化されたケアを立案・実践しています。指導活動では、実践に関するNICU勉強会を開催し、スタッフへの相談にあたっています。赤ちゃんは言葉で自分の気持ちを伝えることはできませんが、様々な方法で私たちにサインを出してくれます。そのサインを読み取り適切な対応ができ、ご家族が笑顔で退院できるように、チームのケア水準の向上を目指して取り組んでいます。

 

院内活動

 ■NICU内での実践・指導・相談

 ■認定看護師の会での情報交換

 

院外活動

 ■愛媛専門看護師・認定看護師連絡協議会

 ■院外講師(愛媛県下県立病院)