輸血部

輸血部

 輸血部では輸血が安全に実施できるように、輸血関連検査と輸血用血液製剤の管理を行っています。

 輸血関連検査として、血液型、不規則抗体検査、交差適合試験などを実施しています。輸血用血液製剤の管理では、血液センターからの献血による輸血用製剤と、自己血の管理を行っています。 自己血は、前もって自分の血液を採血して保存し、手術の時に輸血します。これにより、感染症などの危険が大幅に少なくなり安全性の高い輸血として普及しています。

腎移植や造血幹細胞移植に関わる検査も行っています。患者さんに適した輸血用血液を出来るだけ早く安全に提供できるよう24時間体制で診療を支援しています。

 

  • 新職員宿舎

    自動輸血検査装置

    迅速に輸血が行えるようにABO血液型、Rh血液型、不規則抗体検査、交差適合試験を行っています。

  • 研修医室

    輸血用血液製剤の管理

    赤血球製剤、血小板製剤、新鮮凍結血漿や

    自己血を専用の保冷庫で適切に管理しています。

 

当院では検査部と輸血部を一体運営することにより、外来・入院患者さんを問わず24時間365日、迅速で精度の高い、正確な検査データを提供するように努めています。