小児外科

診療科の紹介・特色

山内 健

主任部長 山内 健

  • 小児外科とは小児科の外科部門ではなく、一般外科の小児部門です。主にお腹や胸の外科の病気を治療しますが、産婦人科や泌尿器科の病気も小児であれば当科が担当することがあります。
  • 病気の多くは、鼠径ヘルニア(いわゆる「脱腸」)や急性虫垂炎(盲腸)、臍ヘルニア(でべそ)などです。成人がかかるような病気でも、子どもの場合は私たち小児外科医が手術します。
  • 成人の外科と異なり小児外科では「がん」はまれで、命にかかわる病気は少ないです。よって私たちの目標は、術後早くから元の生活に戻れること、手術したことを意識せずに生活できることになります。この目標のためカメラを使った腹腔鏡手術を積極的に行い、術後の疼痛軽減や傷痕の残らない手術に努めています。私たちのほとんどの手術では抜糸が不要です。
  • 当院は日本小児外科学会認定施設です(日本小児外科学会ホームページはこちら外部ホームページ)。
    当科では、日本小児外科学会の指導医1名、専門医1名と専門医を目指す専攻医1名の3名の小児外科医がチームを組んで治療します。必要に応じて小児科、新生児科、産婦人科、泌尿器科や関連各科と連携して診断・治療にあたります。
  • 当科は九州大学小児外科の関連施設です。市内の松山赤十字病院や愛媛大学にも九州大学小児外科からスタッフが派遣されています。

対象疾患

 対象となる疾患は、腹部および胸部(心大血管を除く)の外科疾患です。体表面の良性腫瘍や頸部や腋窩の嚢胞なども対象になります。ただし脳神経外科、眼科、耳鼻咽喉科、口腔外科、整形外科の疾患は対象ではありません。対象年齢は15歳までですが、小児外科に特有な病気は、15歳を超えても当科が診療します。

 

年齢別に見た小児外科の病気

1)新生児期に主にみられる病気

消化管閉鎖症(食道、十二指腸、小腸、結腸)、鎖肛、消化管穿孔、肥厚性幽門狭窄症、腸回転異常症(腸軸捻転)、ヒルシュスプルング病、臍帯ヘルニア、腹壁破裂、横隔膜ヘルニア、嚢胞性肺疾患、水腎症、卵巣嚢腫など

2)乳児期に主にみられる病気

鼡径ヘルニア、陰嚢水腫、停留精巣、臍ヘルニア、腸重積症、肛門周囲膿瘍、乳児痔瘻、胆道閉鎖症、先天性胆道拡張症、先天性食道狭窄症、食道裂孔ヘルニア、胃食道逆流症など

3)幼児期以降に主にみられる病気

鼡径ヘルニア、陰嚢水腫、停留精巣、包茎、腸重積症、急性虫垂炎、メッケル憩室、腸管ポリープ、先天性胆道拡張症、リンパ管腫や血管腫、悪性腫瘍(神経芽腫、腎芽腫、肝芽腫、胚細胞性腫瘍)、外傷(肝損傷、脾損傷、膵損傷、腎損傷)、便秘、裂肛(切れ痔)など

 

入院診療について

 小児外科の病棟は5階の小児病棟です。主治医、担当医の1〜2名が責任を持ち担当しますが、手術や術後管理等を含めた治療方針は、全スタッフが参加する毎朝夕(平日)の回診で話し合って決めています。鼠径ヘルニア等の小手術の入院期間はほとんどが2泊3日です。

外来担当表

小児外科

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 手術日

山内 健(初診)

近藤 剛(再来)

鳥井ケ原幸博(初診)

山内 健(再来)

近藤 剛(初診)

鳥井ケ原幸博(再来)

手術日
午後 外来(予約)

山内 健(初診)

近藤 剛(再来)

鳥井ケ原幸博(初診)

山内 健(再来)

近藤 剛(初診)

鳥井ケ原幸博(再来)

外来(予約)

 

がんに関する情報

施設認定

日本小児外科学会認定施設

日本静脈経腸栄養学会NST稼働認定施設