心臓血管外科

診療科の紹介・特色

平谷 勝彦

主任部長

石戸谷 浩

 我々心臓血管外科は、心臓から末梢血管まで、すべてに対応する総合心臓血管外科医局であります。また、各病院から送られてくる緊急患者にも24時間対応しております。

  • 冠動脈バイパス術は約90% の症例で人工心肺を使用しない方法(心拍動下バイパス術)で施行しています。弁膜症のうち僧帽弁に関しては自己弁を温存する形成術を積極的に行っています。また、メイズ手術(心房細動手術)を同時に行うことにより術後抗凝固剤からの離脱に努力しております。現在毎年、冠動脈バイパスと弁膜症で100例を超える手術を行っています。
  • 当院の施設の性格上、大動脈解離も主要疾患であります。特に緊急を要すA型大動脈解離は、原則上行弓部全置換を行い良好な成績を得ています。
  • 大動脈・末梢動脈疾患では、カテーテル手術を積極的に行っております。
  • 大動脈瘤は解剖学的状況が許せば、カテーテル人工血管内挿(ステントグラフト)手術を第一選択に考えています。現在、腹部大動脈瘤の80% 程度はステントG手術であり、また胸部大動脈瘤は、いろいろな手技を取り入れて、積極的に適応を広げています。
  • 末梢動脈の閉塞性動脈疾患に対するカテーテル血行再建術も、循環器内科医が施行する施設が多い中、当科は以前から自前で施行していました。動脈の完全閉塞症例でも全開通できるようになった10年前から、人工血管バイパス手術よりカテーテル手術の方が多くなりました。
  • 下肢静脈瘤は、レーザー治療も開始しました。より低侵襲な治療を目指しています。 総合的にあらゆる疾患を診る手技を持っていますので、各々の患者さんに最善と考える方法を選択して、治療にあたっております。

対象疾患名

狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、先天性心疾患、心臓腫瘍、不整脈、徐脈、解離性大動脈瘤、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤、深部静脈血栓症など

外来担当表

心臓血管外科

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前

石戸谷 浩

(第2・4・5週)

佐々木 英樹

(新患のみ)

石戸谷 浩

佐々木 英樹

 

ペースメーカー外来

(第2・4週 午前)

午後

石戸谷 浩

(第2・4・5週)

  石戸谷 浩    

 

血管外科

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 一色 真吾    

一色 真吾

 
午後 一色 真吾

下肢静脈瘤外来

(第1・3・5週 午後)

 

一色 真吾

 

 

施設認定

三学会構成心臓血管外科専門医認定機構基幹施設

日本ステントグラフト実施基準管理委員会ステントグラフト実施認定施設(胸部大動脈瘤)

日本ステントグラフト実施基準管理委員会ステントグラフト実施認定施設(腹部大動脈瘤)

下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会レーザー静脈瘤治療実施認定施設

日本脈管学会認定施設