トップ病院の概要 >当院の沿革

当院の沿革

当院の沿革

 昭和21年 4月   日本医療団南宇和病院として発足

 昭和23年 6月   県立南宇和病院となる。

 昭和28年 4月   本館及び病棟新築         (40床)

 昭和29年 8月   郡立隔離病棟新築         (25床)

 昭和30年 4月   附属准看護婦養成所併設

 昭和30年 6月   結核病棟新築           (64床)

 昭和33年12月   一般病棟増設(10床)及び養成所併設

 昭和37年 6月   一般病棟、寝具センター、消毒室増築(150床)

 昭和42年 3月   管理、診療棟改築 (鉄筋2階建)

 昭和44年 6月   全病棟、手術室、機械室等改築 (鉄筋4階建)(170床)

 昭和51年 2月   リハビリ室新築  (鉄筋88㎡) 

 昭和57年 3月   附属准看護婦養成所閉鎖

 昭和57年 6月   看護婦宿舎改造

 昭和59年 2月   外来駐車場舗装整備  (1,078.5㎡)

 昭和59年11月   許可病床数変更  一般154床 結核16床

 平成 4年 4月   病院新築移転   一般200床

 平成14年 1月   許可病床数変更  一般199床 

 平成15年 3月   一般病棟入院基本料Ⅰ群1の施設基準適用

 平成17年 3月   人工透析室改修(14床から20床)

 平成23年 7月   亜急性期病床 12床

 平成24年 5月   空床管理システム稼動

 平成24年 8月   給食システム稼動

 平成25年 2月   退院後2週間の訪問看護開始

 平成25年 3月   ナーシングスキル導入

 平成25年 4月   産科分娩停止

 平成26年 7月   地域包括ケア病床 15床

 平成28年12月   地域包括ケア病床 18床

 平成29年 4月   リカバリー室(4床)休止

 平成29年 4月   総合診療・地域包括医療センター開設

 平成30年 9月   地域包括ケア病床 22床