愛媛県立中央病院
Ehime Prefectural Central Hospital
TAVI特設ページ

大動脈弁狭窄症とは

 心臓の弁に異常を来す弁膜症の一つで、弁が硬く、開きにくくなるために、心臓から全身に送られる血流が妨げられてしまう病気です。

 初期にはほとんど自覚症状がなく、ゆっくりと進行することが多いために気付かれにくい病気ですが、胸の痛み、動悸・息切れ、失神などの症状を伴うようになると、生活の質が低下し、突然死に至る可能性の高まることも知られています。

 

TAVI「タビ」とは?

 心臓弁膜症の一種である大動脈弁狭窄症に対する最新の治療法で、Transcatheter Aortic Valve Implantation(経カテーテル大動脈弁留置術)の頭文字を取ってTAVI「タビ」と呼ばれています。

 

 従来、重症の大動脈弁狭窄症患者さんに対しては外科的な大動脈弁置換術が唯一の有効な治療法でしたが、胸を大きく開き、心臓を止める必要があるため、特にご高齢の患者さんにとっては大きな負担となってしまいます。

 TAVIはカテーテルを使用して、胸を開かず、心臓を止めず人工弁を患者さんの心臓に留置する治療法であり、患者さんの負担が圧倒的に少ないため、高齢などの理由で手術をあきらめていた方の治療の選択肢の一つとなります。

 2002年にフランスで治療が始まり、これまでに欧米を中心に世界中で10万例以上の治療が行われています。

 

TAVIのメリット

TAVIのアプローチ方法

 TAVIには、太ももの付け根の血管から挿入する「経大腿アプローチ」と、胸を小さく切開し心臓の先端(心尖部)から挿入する「経心尖アプローチ」という2通りのアプローチ方法があり、患者さんの状態に応じて最適な方法が選択されます。

 いずれのアプローチにおいても従来の外科手術よりも少ない身体的負担で治療が可能となります。

(外部のサイトを表示しています)

提供:エドワーズライフサイエンス株式会社

 

対象となる患者さん

 重症の大動脈弁狭窄症で手術が必要であるものの、外科手術の危険性が高く、困難と判断される患者さんが対象となります。

 

ハートチームによる治療

ハートチーム

 治療法の決定から実際の手術、術後管理まで、TAVIはハートチームという多岐にわたる分野の専門家(医師:循環器内科・心臓血管外科・麻酔科・放射線科、看護師、臨床工学技士、放射線技師、検査技師、理学作業療法士など)で構成されたチームによって行われます。

 当院でも40名を超えるハートチームメンバーが個々の患者さんの診療に深く関わっております。メンバーの一人一人がプライドを持って診療に当たり、専門知識や技能を生かせるよう日々研鑽しております。

 

ハイブリッド手術室

ハイブリッド手術室

 当院では2013年5月の新病院開設時に愛媛県初となる最新型のハイブリット手術室の稼働を開始しました。

 ハイブリット手術室とは手術室と心血管X線撮影装置室を組み合わせた手術室のことで、手術室と同等の空気清浄度の環境下において、必要最小限の外科的治療と低侵襲なカテーテル治療を組み合わせることにより、体への負担を抑えつつ、高度で最新の医療技術を提供することが可能となりました。

 

よくあるご質問