MitraClip(マイトラクリップ)について

僧帽弁閉鎖不全症とは

 僧帽弁は心臓の左心室と左心房の間に位置する弁で、左心室が大動脈に向けて血液を送り出す際に閉鎖して血液が左心房に逆戻りしないように機能します。僧帽弁が閉まりきらずに左心房に血液が逆流する病気が僧帽弁閉鎖不全症で、進行すると息切れや動悸、倦怠感などの自覚症状が出現します。薬物治療が基本になりますが、重症化すると外科的手術(弁置換術・弁形成術)が必要となります。

僧帽弁閉鎖不全症とは

カテーテルを用いた僧帽弁閉鎖不全症の治療:MitraClip(マイトラクリップ)とは

 心臓の働きが弱い、ご高齢、他の合併症が多いなどの理由により、手術の危険性が高くなり、手術を断念しなければならない患者さんも少なくありません。2018年4月から本邦で施行可能となったMitraClip(マイトラクリップ)システムを用いた経カテーテル僧帽弁クリップ術は、外科手術に比べ安全性が高く、体に対する負担も少ないため、手術の危険が高い患者さんでも治療可能です。

マイトラクリップ

 

 マイトラクリップは2003年にヨーロッパで始まり、欧米を中心に6万人以上の治療実績があります。当院は愛媛県内唯一の認定施設として2019年1月から治療を開始しました。

1.マイトラクリップの実際

 マイトラクリップは下図のように、カテーテルを用いて僧帽弁の前尖と後尖をつなぎ合わせることにより僧帽弁の逆流を減少させる治療法です。

治療法

 治療は全身麻酔下に行われ、心臓超音波専門医による経食道心エコー検査を参照しながら手術を進めていきます。足の付け根からカテーテルを挿入し(経大腿静脈アプローチ)、右心房から心房中隔を通って左心房に進めて行きます。ガイドカテーテルからクリップのついたクリップデリバリーシステムを僧帽弁の適切な位置まで持っていき、クリップを留置します。逆流が残存している場合は、クリップを置き直すことが可能で、追加のクリップを留置することもできます。クリップを留置し終えたら、足の付け根の止血を行い治療が終了します。通常は術後数日で退院することができます。

マイトラクリップの動画(外部のサイトを表示しています)

 

2.どのような患者さんがマイトラクリップに適しているか?

 マイトラクリップは外科的弁置換術・形成術の危険性が高い、もしくは不可能と判断された場合に適応になります。

  • 中等度以上の自覚症状を伴った僧帽弁閉鎖不全症
  • 高齢や併存疾患のため、外科的手術が困難な患者さん
  • 解剖学的に僧帽弁がマイトラクリップに適した形態であること

3.マイトラクリップのメリットは?

(1)低侵襲(体への負担が少ない)

外科手術のように胸を切開せず、心臓を停止させる必要がありません。

(2)手術リスクの高い患者さんにも実施可能

御高齢や並存疾患のため治療が行えない患者さんでも実施可能です。

(3)早期の社会復帰を実現

術後早期にリハビリを開始し、短期間での退院が可能です。

 

4.ハートチームによる治療

 最終的には全身状態の評価とともに、心エコー検査等で僧帽弁の評価を行い、循環器内科、心臓血管外科、麻酔科、看護師、臨床工学技士、放射線技師、理学療法士等を含めた多職種からなる「ハートチーム」にて患者さんに最も適した治療法を検討します。

ハートチーム

よくあるご質問

Q.

A.

希望すればマイトラクリップを受けることができますか?

ご希望だけでは、マイトラクリップを行うことはできません。現在、僧帽弁閉鎖不全症の標準的治療は僧帽弁形成術や置換術などの外科手術ですが、手術リスクが高い患者さん(ご高齢の方、全身状態の悪い方、体力の低下を認める方など)がマイトラクリップの適応となります。最終的な治療適応の判断は当院のハートチームで行います。

Q.

A.

マイトラクリップが受けられない場合がありますか?

解剖学的にマイトラクリップが適応とならない方、経食道エコーが困難な方、極めて心機能の悪い方、並存する他の病気のため余命が長くないと考えられる方などは、マイトラクリップを受けることができません。

Q.

A.

入院期間はどのくらいですか?

順調に経過した場合には、1週間以内に退院可能です。ただし、リハビリや薬物調整のためにより長く入院期間が必要となることもあります。

Q.

A.

費用はどのくらいかかりますか?

2018年4月よりマイトラクリップが健康保険の適応となりました。高額療養費制度をご利用の場合、更に負担を減らすことが可能です。

※70歳以上の方の上限額:2018年8月診療分から

※69歳以下の方の上限額:2018年8月診療分から

入院時の食事負担や室料等自費分の費用は含みません。

高額療養費制度について、詳しくは厚生労働省のサイトをご覧ください(外部のサイトにリンクします)。

 

お問い合わせ先

愛媛県立中央病院 循環器内科外来 看護師 玉井 089-947-1111 (内線番号 6733)

 内容によっては担当医師に確認し、後日改めてご連絡差し上げる場合もございます。 患者さん個々の病状などに関するご相談は、まずはかかりつけ医とご相談頂く方がよい場合もございますので、予めご了承ください。

 

弁膜症・心雑音外来について

 増加する弁膜症疾患に対応するため、当科では毎日「弁膜症・心雑音外来」を行っております。弁膜症診断・治療の経験豊富な専門医師が対応いたします。当院循環器内科のページをご覧ください。

 

関連リンク

愛媛県立中央病院 TAVI特設サイト