病院見学

見学担当者 愛顔(えがお)の写真

病院の雰囲気、先輩医師の姿を是非、一度見に来てください!!旅費の一部を支給します。

見学希望の方は、下記担当まで電話、またはE-mailでお申込みください。

  • 大澤
  • 石丸

愛顔のおもてなし。私達が対応させていただきます!!

 

担当者

愛媛県立中央病院 総務医事課 職員係(担当:大澤)

TEL:(089)947-1111 内線7277

FAX:(089)943-4136

E-mail: c-kensyu@eph.pref.ehime.jp

病院見学者の感想

  • 研修医やスタッフの先生方の貴重なお話も拝聴でき、将来につながる大変有意義な見学となりました。
  • 診療科の外来業務について勉強させていただき、当科疾患のみならず、他科の知識や適切なコンサルを行う判断力が重要だと知ることができました。
  • 指導医には診療科においての身体診察の重要性を教えていただくとともに、緊急性の高い疾患の対応をしていることを知り、業務の広さを知ることができました。市中病院の大学病院とはまた違った業務の内容を知ることができ大変勉強になりました。貴院での初期研修への気持ちがますます高まっております。
  • 研修医の方々や診療科の先生方、実習中の愛媛大学の医学生に多くの有益な話を聞くことができました。先生方には講義をしていただき、実践的な臨床的知識を学びました。貴院での研修を積めば、確かな臨床能力が身につくことが想像されました。
  • 病院もとても綺麗で、診療科の先生に貴重な話を伺えて、大変充実した1日でした。今回の機会を与えていただき、大変感謝しております。マッチングへ向けて今後勉強に励みたいと思います。
  • たくさんの先生方にお世話になり、充実した2日間を送ることができました。また、実際に研修医の先生方の様子を見て、来年のイメージをつかむことができ、大変良い刺激にもなりました。
  • 救急当番日の様子や研修医の先生方が働いていらっしゃる姿を拝見でき、前回の見学やホームページ等だけでは知ることのできない面も伺うことができました。 今回の見学を機に、今後一層勉学に励んで参ります。
  • 急な申し出だったにも関わらず大変充実した病院見学で、ますます貴院への興味が強くなりました。1年後の初期研修に向け、地元愛媛の医療に貢献できるよう、これからも勉学に励んでいこうと思います。今後ともよろしくお願いします。
  • スタッフの皆様の、明るく、熱意ある雰囲気を感じるとともに、研修医の先生方に直接お話しをうかがうことができ、大変有意義な時間を過ごすことができました。私も皆様と同じ環境で医師として第一歩を踏み出したいと、貴院での初期研修の気持ちがますます高まっているところです。

 

  • 新病院全景

    新病院全景

  • 外来化学療法室

    外来化学療法室

  • 手術室

    手術室

  • ICU

    ICU(個室)

研修医奮闘記 ~愛媛県立新居浜病院見学ツアー~

新居浜病院見学

 2015年9月12日(土)、新居浜病院を見学したときのようすをお伝えします。

当日は、新居浜青年会議所主催の設立50周年記念行事に参加し、新居浜太鼓台の親子かきくらべを見学したり、80歳でエベレスト登頂を果たした「冒険家 三浦雄一郎先生」の講演を拝聴しました。

 その後、新居浜病院では、新居浜地区における救急医療の現状や、小児医療の体制などについて詳しく説明を受けました。また、研修中の当院2年次研修医や愛媛大学研修医の具体的な研修内容の発表もあり、来年度に向けて強い刺激になりました。

【日程】

11:00~

新居浜青年会議所 創立50周年記念感謝祭参加

(一宮神社、市民文化センター)

13:00~15:30 三浦雄一郎 記念講演会
15:30~17:00 院長挨拶
 新居浜市医師会長 中山 恵二 先生 挨拶
 病院概要説明(院長)
 医局紹介(延原医局長)
 各診療科等自己紹介
 研修医から(質疑応答)

 

研修医奮闘記 ~愛媛県立南宇和病院見学ツアー~

南宇和病院見学

 2015年9月5日(土)~6日(日)に南宇和病院を見学したときのようすをお伝えします。

 南宇和郡愛南町(平成27年9月1日現在、人口約23,000人)にある県立南宇和病院は、平成4年に現在の場所に新築移転しました。現在の医師数は、当院からの診療応援を含めて10名となっており、愛南町内や宇和島市など近隣の関係病院等との連携により診療対応を行っています。地域医療を学ぶ絶好の場所ということもあり、研修医14名、指導医等4名の計18名が見学ツアーに参加しました。

 当日は、鶴岡院長から南宇和病院の概要について説明していただくとともに、各診療科の取組みや、愛南町役場から町の取組みを報告していただきました。さらに、愛南町御荘病院の長野院長からは、医療の視点からの街づくりなどについて学びました。町外から愛南町に移り住んで約20年。長野院長は、医師としての業務だけではなく、NPO法人の理事長として地域住民の方と共に様々な活動を展開されています。
 「あきらめたらそこで終わり。」

 「10年後を見据えた取り組みを。」

 「全ての人が大切にされる地域へ。」

 ・・・講義の中で特に印象的な言葉でした。

 見学ツアー2日目は、松本クリニックの松本院長から、地域医療における医師の役割について学ぶとともに、グループディスカッションを行いました。2025年問題への対応として、「地域包括ケアシステム」をいかに実のあるものにしていくかは各地域での重要課題であり、そのためにも、医師、患者、それぞれの視点に立った取組みの重要性について考えさせられました。

 見学ツアーで学んだことは、南宇和病院や愛南町にフィードバックするとともに、過疎地域の医師不足解消の対策案に繋げていきたいと思います。

【1日目】

14:00~14:30 「病院概要紹介」南宇和病院 院長 鶴岡 高志
14:30~14:35 指導医紹介
14:35~15:05

「地域医療を通して思うこと」

南宇和病院 医監 皮膚科部長 森戸 浩明

15:15~15:30 「愛南町の魅力紹介」 愛南町保健福祉課長 西口 源一
15:40~16:10 「愛南町の高齢者骨折の現状と当科の取組み」
南宇和病院 副院長 辻 浩司
16:15~17:00 講演「愛南町における精神医療保健福祉活動
~医療の視点から街づくりへ~」
財団法人正光会御荘病院 院長 長野 敏宏


【2日目】

9:00~10:00

「地域医療における医師の役割」

松本クリニック 院長 松本 毅

10:15~11:30 愛南町内現地視察

研修医奮闘記 ~愛媛県立今治病院見学ツアー~

今治病院見学

 2015年8月29日(土)に今治病院を見学したときのようすをお伝えします。この見学ツアーは、「研修医が地域医療を理解すること」、「各県立病院からのPR」を目的に、昨年度から開催しています。

 当日は、まずは今治地域を知っておく必要があるということで、サイクリストの聖地、しまなみ海道でサイクリングを体験しました。

 午後からの研修では、今治病院の概要のほか、今治地区の救急体制の課題と今後について学ぶとともに、今治病院に勤務されている先輩医師の生の声を聞くことができました。今治病院での臨床実習は一人の研修医が経験できる症例などが多く、密度の濃い実習が可能とのことでした

【日程】

14:00~ 院長挨拶
14:05~ 病院の概要説明(院長)
14:15~ 講演I
「今治地区の救急体制の課題と今後」
今治市医師会副会長 菅 拓也先生
14:45~

各診療科自己紹介
循環器内科(三好先生)、消化器内科(中西先生)、

外科(高月先生)、小児科(松田先生)、

産婦人科(堀先生)、放射線科(代読:川上医局長)、

泌尿器科(代読:川上医局長)

15:45~ 病院各部署案内
16:30~ 「当院での臨床研修の特徴」
臨床研修責任者 副院長 松岡 宏
16:50~ 講演II
「先輩から一言わせてもらいましょう!」
・内科系の立場から 三好 徹 先生
・外科系の立場から 大畠将義 先生