トップ診療部門のご案内診療支援部門>リハビリテーション部

リハビリテーション部

 当院リハビリテーション部は、本館1階の整形外科と放射線部の間に位置しており、廊下の緑色の線をたどっていくと、リハビリテーション部となります。
 当院は急性期リハビリテーションを主とし、院内はもちろん、院外とも連携を図り、患者様に良質な医療を提供することを基本方針に運営しています。

スタッフ構成

医師(整形外科医師兼任)、 理学療法士4名 、作業療法士1名、看護師1名、 リハビリ助手3名

○理学療法(Physical Therapy) 病気・ケガなどによって身体が不自由になった人々に対して、心身の機能を回復・維持することによって、基本動作能力の回復を目指す医療の一つです。 こうした理学療法は専門の理学療法士(Physical Therapist;PT)によって行われています。

○作業療法(Occupational Therapy) 病気・ケガなどによって心身に障害を持つ人々に対して、作業を通じて心身の機能を回復・維持し、日常生活を構成する作業に参加できるよう目指す医療の一つです。 こうした作業療法は専門の作業療法士(Occupational Therapist;OT)によって行われています。

リハビリテーション施設基準

○運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
例)人工関節、外傷、スポーツ障害(肩など)、脊髄疾患 等
 手術翌日よりリハビリを開始しており、早期退院または転院を目指しています。また、当院ではARCR(関節鏡視下肩腱板修復術)が行われており、肩のリハビリが多いことも特徴のひとつです。


○心大血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
例)急性心筋梗塞、狭心症、大動脈瘤 等
 心臓リハビリテーション室にて、専属スタッフが、個々の患者様に適切な運動量・時間を設定して運動療法を実施しています。 (体操、エルゴメーター)
 退院後も、外来で継続して行うことが出来ます。

○呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
例)慢性閉塞性肺疾患、肺炎、無気肺 等

○脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)
例)脳出血、脳梗塞、頭部外傷、廃用症候群 等
 rt-PA実施病院であり、入院早期よりリハビリを開始しています。

診療時間

午前 8:30~ 午後 1:30~
※受付時間は、基本的には月曜から金曜の午前8時から午前11時までです。 患者様への待ち時間短縮のために完全予約制とさせていただきます。

ケースカンファレンス・総合回診

 整形外科、脳外科、循環器科等それぞれの科において、総合回診とケースカンファレンスを実施し、患者様を中心にしてチームで病気・障害に対してアプローチします。医師や看護師との密な情報共有や、目標設定の確認等を実施しており、患者様に効率的でよりよい治療を行うことが可能となります。