RI検査

 RI(核医学検査)検査とは
 RI検査とは、ごく微量の放射線を出すアイソトープ(放射性同位元素)をつけた薬(放射線医薬品)を投与して、病気の診断や治療をします。身体の中に入ったアイソトープ検査薬は、診断したい臓器に集まり、ガンマ線とよばれるX線と似た放射線を出します。からだの中から出てくるこのガンマ線を特殊な撮影装置でとらえて、アイソトープ検査薬の分布を写真にするため、核医学診断装置は「ガンマカメラ」とよばれます。ガンマカメラは非常に精度が高いため、投与するアイソトープはほんのわずかであっても、病気を正確に診断することが出来ます。

GE社製SPECT装置


心筋シンチグラフィー
心筋の血流分布をあらわしたもので狭心症の診断に役立ちます。

SPECTとは

 シングルフォトンエミッションCTの略で、体内に注入した放射性同位元素の分布を断層画像で観察する検査です。
 血流量や代謝機能の情報が得られ、脳血管障害や心疾患の診断で威力を発揮します。
 当院では最新のSPECT装置が稼働しています。装置の特徴として簡易型のCT装置が付いており、SPECTのデータをより精度の高いものに補正したり、SPECTの画像とCTの画像を重ねて表示したりできます。
 CTと組み合わせることで、より高い精度での検査が可能です。

ホールボディ(全身)画像。矢印の場所に集積を認めます。


左記画像のSPECT画像とCTを重ねあわせた画像。集積している場所のより詳細な情報がわかります。

検査するにあたっての注意

 非常に微量の医薬品しか身体に投与しないため、写真を撮る時間(検査時間)が20~60分かかります。
 検査の種類によっては、負荷をかけるもの、絶食で行うもの、前日より下剤を服用していただくものなど様々なものがあります。場合によっては、内服薬の制限もありますので主治医の指示に従ってください。

検査終了後は?

 普段どおりの生活をおこなっていただいて結構です。