マンモグラフィ

 マンモグラフィについて
 乳房専用のX線撮影で乳がんをはじめとする乳腺疾患のための画像診断の1つです。
 X線を用いて乳房を撮影して吸収の差を写し出します。
 乳房はやわらかい組織で構成されているため、専用の撮影装置を使用して撮影します。

 

GE社製マンモグラフィ装置


マンモグラフィの特徴と撮影方法

 マンモグラフィは、乳がんの特徴である石灰化や腫瘤などを発見できます。また乳房の全体像を写し出すので、左右の比較や過去のデータとの比較も容易に行え、組織の微妙な変化をとらえることが出来ます。
 撮影方法は一般に左右の乳房を片方ずつプラスチックの板で挟み撮影します。強めに圧迫することにより乳房内部の状態を鮮明に描出できます。乳房は厚みもあり圧迫しないで撮影すると、乳腺や脂肪などの重なりにより病変を見逃すこともあり、適度に圧迫して撮影することは被ばく線量の軽減からも重要です。

読影(画像チェック体制)

マンモグラフィ専用読影装置

 当院では、マンモグラフィ精度管理中央委員会の認定を受けた放射線科医が、2重で画像をチェックすることにより、小さな異常を見落とさないよう万全の体制で確認しています。