検査部:愛媛県立今治病院

細菌検査

 ウイルスや細菌などの病原性微生物が体内に侵入して、発熱や下痢、咳などを引き起こす疾患を感染症といいます。細菌検査室では、患者様から採取された検査材料から、感染症の原因となっている菌を見つけ、その菌がどの薬に効くかを調べています。

細菌検査の業務概要

(1)塗抹検査

 患者様から採取した検査材料(喀痰、鼻腔、尿など)を染色して、顕微鏡で観察します。病原微生物の有無や感染の原因微生物を推定します。

(2)培養同定検査

 検査材料を、菌が発育するために十分な栄養を含んだ寒天培地に接種し、菌を目で見える大きさ(コロニー)に発育させます。
 コロニーの色や形、臭い、性状などを確認し、菌種を決定させます。

(3)薬剤感受性検査

 特定した病原菌が、どんな種類の薬剤に効くのかを調べる検査です。この検査により、適切な抗生物質を選択し、治療を行います。

感染対策

 ニュースなどで聞くことも増えた薬剤耐性菌(MRSAや多剤耐性緑膿菌など)をいち早く検出し、院内感染を起こさないようにするのも細菌検査室の役割です。
 院内感染対策チーム(ICT)にも参加し、感染管理などの情報を共有し、院内感染の管理に寄与しています。