看護部委員会

委員会と活動内容

現任教育委員会

県立病院の教育理念に基づき、看護の役割を理解し質の高い看護が提供できるよう合同研修、院内研修、現場教育の企画運営を行っています。
 また、厚生労働省の新人看護職員研修ガイドラインに沿った教育体制を整備し、職場全体で新人を育てる取り組みを実践しています。新人看護が職場適応しやすい環境を提供するために、平成25年度からは、年間を通して先輩看護師とペアで看護を実践できる体制を整えました。新人看護師からは、現場に必要な知識、技術、態度を先輩看護師からその場で直接学ぶことができ、看護の楽しさを実感できると好評を得ています。

教育・研修にリンク

看護研究委員会

院内の看護研究のレベルアップを図ること、事例を通じて看護観を培うことを目標に6名のメンバーで活動しています。その為の年中行事として毎年9月に院内看護研究発表会を2月に各部署輪番制でケーススタディー発表会を開催しています。また、看護研究の研修や研修生に対する指導支援も重要な役割の一つとして活動していますが、今年は来年の発表を目標に自ら看護研究にも着手中です。

看護記録委員会

看護がみえる記録を目指し看護記録のレベルアップに取り組んでいます。 
・ 看護記録のマニュアルの見直しと改善
・ 看護記録の評価  
・ 看護記録に関する勉強会の開催

基準・手順委員会

質の高い看護を提供するために、院内の基準・手順の作成・修正・周知に努めてきました。
 今後は
1.実践的スタッフ教育をするために、「ナーシングスキル」の周知・活用に取り組みます。
2.DPCや電子カルテに対応したクリニカルパスの作成・修正・活用に取り組みます。
3.看護要員として、大きな役割を担い始めた看護助手に必要な知識や技術、態度の指導を行います。

看護方式委員会

私たち看護方式委員会は、看護部の理念に基づき質の高い看護を提供する為に固定チーム活動を推進することを目的として活動しています。
 活動のひとつに、チームで1年間取り組んだ小集団活動の発表会を毎年開催しています。
 発表会はポスター形式で行い、院長や看護部により選出されたチームには、それぞれ院長賞・最優秀賞・優秀賞が贈られます。また、固定チームナーシング全国研究集会でも発表しています。
 今後もチーム活動を通じて研鑽を積み、さらに充実した質の高い看護が提供できるように委員会として支援をしていきたいと考えています。
 固定チーム全国研究集会発表
 平成21年
 「愛媛県立今治病院における看護方式委員会活動報告」
 平成22年
 「BARIママ教室においでよ」
 平成23年
 「退院支援における看護師の意識の変化-退院支援ガイドラインを使用して-
 「小児に対するプリパレーション・環境整備への取り組み」

感染対策委員会

患者様が、清潔で安全安心な通院治療や入院生活が送れるよう、現場での感染対策を推進し、適切な対応ができるよう助言や指導を行っています。 また、院内巡視やオーディットによる知識の確認を行い、感染対策の強化に努めるとともに、ポスター掲示による啓蒙活動を行っています。

事故防止委員会

事故防止委員会では、毎月各部署のインシデントについて共有し対策の検討や評価を実施しています。また、事故防止に関する教育と院内パトローを実施し、マニュアルが実践できているか指導、評価を行っています。