トップ医療関係者の方へ看護部紹介>認定看護師紹介

認定看護師紹介

救急看護認定看護師


救急看護領域では、あらゆる疾患を持った幅広い年齢層の患者や家族が対象となります。また、救急は院内外を問わず限られた時間・限られた情報の中で実施されるため、医療従事者間だけでなく、地域の医療機関や地域住民との信頼できる関係つくりも必要であると考えて活動しています。
一般市民に対する心肺蘇生の普及活動をはじめ、他の医療機関の医療従事者や救急救命士・消防職員を対象としたBLS・AEDに関する 知識の普及啓発、看護ケアの向上を図ることを目的としたフィジカルアセスメント研修を企画・実施しています。また、災害時に病院職員全員が協同して初期対応ができるよう、マニュアルの整備や災害発生を想定した訓練および研修なども実施しています。今後はさらに、院内で発生する急変時に適切な対処ができるよう質の高い救急医療・看護が提供できるよう教育・指導に関わっていきたいと思っています。


感染管理認定看護師


感染対策は、患者様やご家族、ご面会の方々をはじめ病院に関わるすべての人たちを感染から守り、感染を広げないことをモットーに活動しています。主に、手洗いの励行やマスク・手袋など防護用具の着用を促進する予防的な活動、感染対策に関する知識と技術の向上のための研修会の開催などを行っています。
当院ではICT(感染制御チーム)という、医師・薬剤師・検査技師・看護師などそれぞれの分野で感染対策の専門性を持ったメンバーが、 患者様に安全で良質な医療を提供できるよう、また、職員が安心して働ける環境を提供できるようチーム一丸となって頑張っています。

皮膚排泄ケア認定看護師


皮膚・排泄ケア認定看護師は、褥瘡(床ずれ)をはじめとした創傷やスト―マ(人工 膀胱や人工肛門)、尿や便による皮膚障害など排泄や皮膚に関するケアを専門的に行う 看護師です。現在は、皮膚科外来を担当しながら入院や外来患者様のケアをお手伝いし ています。また、毎週月曜日にはスト―マ外来も実施しています。何かお困りのことがあれば、予約制になっていますので担当科の窓口にご連絡ください。私は2010年に認定看護師資格を取得し、まだまだ経験も浅く試行錯誤しながらの毎日です。皆様のご相談を受けながら私も成長していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。


認知症看護認定看護師


2015年には団塊の世代が高齢者となるために認知症高齢者数が増加するといわれています。当院でも入院患者の年齢は高齢となってきており、認知症の患者さんは増加してきています。急な入院による環境の変化や、治療のために必要である安静度や食事などの制限に対して、認知症の記憶障害や見当識障害のために現状把握をすることが困難となり、入院生活が安全・安楽に過ごせない状況になる場合があります。
私の活動は認知症者のかたが、当院で治療を行い、健康状態をとりもどすために物理的環境の整備の難しいですが、認知症ケア視点をもって認知症の病態の理解や看護の必要性を看護師に研修などを通して理解してもらい、ケア環境を整備することにあります。  まだまだ、認知症ケアの体制は整っていませんが、体制づくりと認知症者と家族へのサポートを継続的に行っていく思いで活動をしています。