放射線科

外来診療予定表

外来診療予定表

診療科の紹介・特色

 当科の主な業務は分化型甲状腺がんに対する放射性ヨード内服治療、IVRによる低侵襲治療、各種診断装置を用いた画像診断です。

1 分化型甲状腺がんに対する放射性ヨード内服治療
 当院には、愛媛県内で2施設にしかない放射性ヨード内服治療専用病室が1室あります。他施設からの依頼による分化型甲状腺がんに対する放射性ヨード内服治療も行っています。当院での治療をご希望の方は、主治医にご相談ください。

2 IVRによる低侵襲治療
 各診療科からの依頼により、IVR(インターベンショナル・ラジオロジー)による治療を行っています。IVRとは主にX線透視装置を見ながら、体内にカテーテルという細い管を入れて各種疾患の治療を行うことです。体の負担が手術より少なく、入院期間は短くてすみます。当院では主に肝癌の治療、様々な出血に対する緊急止血を行っています。

3 画像診断
 主として放射線を用いる画像診断を行っています。
 各診療科と協力して、様々な画像検査の読影を行っています。
 消化管透視検査や、血管造影も行っています。
 地域連携室を介して、他医療機関からの検査依頼も積極的に受け入れ、迅速に対応しています。
 担当業務は以下の通りです。
  単純X線写真、マンモグラフィー、X線CT(64列マルチスライスCT)、
  MRI(核磁気共鳴画像)、シンチグラフィー(核医学)の読影、消化管造影検査の施行

医師紹介

担当医師の紹介です。

主な所属学会

日本医学放射線学会
日本核医学会