新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

1.院長からのメッセージ

緊急事態宣言解除後の当院の対応について

 

 5月14日に緊急事態宣言が一部の県で解除され、愛媛県も解除の対象となりましたが、愛媛県立中央病院では、引き続き院内感染防止対策を徹底するため、外来診療、面会、各種手術・処置・検査、業者の立ち入りなどについて、当面の間、これまでの対応を継続させていただきます。

 何卒、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いします。

2020年5月15日

愛媛県立中央病院 院長 菅 政治

 

院長からのメッセージ 2020年5月8日掲載(PDF)

院長からのメッセージ 2020年4月21日掲載(PDF)

メニューへ戻る

2.外来を受診される方へ

  • 感染防止対策を講じたうえで、通常通り、外来診療しております。

  • 受診・検査される方、付き添いの方におかれましては、来院前に体温測定をしていただきますようお願いします。来院時に記載いただく「新型コロナウイルス感染症対策 調査票」に体温記載欄があります。

  • 「3つの密」を避けるために、

当院の自動再来受付機の稼働開始時間(7時50分頃)は、大変混雑しますので、できる限り予約時間に合わせてご来院ください。

②来院後は、できる限り空いたスペースでお待ちください。

③携帯電話で診察の状況が確認できます。是非ご利用ください。

メニューへ戻る

3.入院患者さんへ

  • 咳エチケットや手洗いを励行してください。
  • 発熱や咳がある方及び病室を出る方は、マスクを着用してください。なお、マスクは代用品(ハンカチマスク等)でも可とします。
  • 不要不急の外出・外泊はできません。

メニューへ戻る

4.面会でお越しの方へ

  • 療養生活に欠かせない物品を面会者がお持ちになる場合など、止むを得ず面会を希望される場合を除き、面会は全面禁止としています。
  • 希望される方は、1回の面会ごとに面会の理由・必要性を確認させていただいた上で病院側が許可することになります。また、面会者は1患者につき1名とし、面会時間は15分程度とさせていただきます。この面会許可を止むを得ず希望される方は、患者さんが入院する病棟の看護師にお申し出ください。
  • なお、いかなる場合であっても、発熱、喉の痛み、せき、痰、おう吐、下痢など体調不良の方、感染拡大地域から帰県して2週間以内の方の病棟への立入りはご遠慮いただきます。
  • 面会の際にはマスク着用(マスク持参)、手指消毒をしていただきます。

メニューへ戻る

5.地域の医療機関の方へ

  • 良性疾患等緊急性が低いと思われる手術、処置、検査については、延期のご提案をする場合があります。
  • 例年、毎月開催しております医療連携懇話会は、感染拡大防止のため、中止しております。

メニューへ戻る

6.当院の感染症対策について

(1)職員に対する取り組み

  • 感染症予防の取り組みとして、手指衛生の徹底と個人防護具の適切な使用を指導しております。
  • 体調不良者の管理体制整備として、健康状態を管理する仕組みを構築しています。
  • 不要不急の移動(出張等)を自粛しています。

(2)職員以外に対する取り組み

  • 正面玄関入り口にアルコール手指消毒液を設置しています。
  • 定期受診であって、院外処方の方においては、電話による再診をお願いする場合があります。 条件を満たす方に限りますので、希望される方は、主治医とご相談ください。
  • サンマルクカフェ、レストランフローラ等の利便施設の営業について、営業時間の短縮や座席のレイアウトなど、一部制限しております。
  • 業者の立ち入りが必要な場合には入館申請書の提出をお願いしており、滞在歴や体調管理等の確認をしています。

メニューへ戻る