愛媛県立中央病院緩和ケア研修会

2018年度 愛媛県立中央病院緩和ケア研修会

 8月11日(土)に標記研修会(集合研修)を開催、医師19名、薬剤師2名、看護師17名の受講がありました。

 この研修は、今年度の開催指針の改正により、e-learningによる事前学習とロールプレイなどを実施する集合研修を組み合わせた形式で実施されることとなり、集合研修受講者からは、集合研修受講申し込み期限までに「e-learning修了証書」の提出がありました。

受講者内訳

  医師 薬剤師 看護師 合計
院外 7名 4名 11名
院内

12名

2名 13名 27名
合計 19名 2名 17名 38名

 

 近年、厚生労働省から、がん診療連携拠点病院のがん診療医師及び研修医(初期臨床研修2年目から初期臨床研修修了後3年目までの全ての医師)の受講に対し強い要請があり、当院においても病院を挙げて該当医師の受講率向上に取り組んだ結果、当院の2018年8月末(当該研修会開催時点)の受講率は、がん診療医師が99%、研修医(同上)が100%となりました。

 

【研修内容】

講義

「e-learningの復習・質問」 45分

「がん患者等への支援」 15分

緩和ケア研修会1

 

グループ演習

「全人的苦痛に対する緩和ケア」 90分

「療養場所の選択と地域連携」 90分

緩和ケア研修会2

 

ロールプレイ/ワークショップ

「コミュニケ―ションロールプレイ」 110分

緩和ケア研修会3