ニュース

Best Doctors in Japan 2018-2019選出

 循環器病センター長である岡山英樹先生と、消化器内科部長の平岡淳先生がBest Doctors in Japan 2018-2019に選出されました。岡山先生は2016-2017に引き続き、2度目の選出です。

 ベストドクターズ社とは、米国ベストドクターズ社が各国の優れた医師を選出し照会する専門機関です。この調査は医師に対し、「あなた自身またはあなたの大切な人が特定の専門分野の医師を必要とした場合、誰を選びますか?」という質問を行い、医師間の相互評価調査(ピアレビュー調査)を実施します。そこで基準を満たした医師のみBest Doctors in Japan(ベストドクター)として選出されます。

 日本でベストドクターとして認定されている医師は約6,500名です(2018年5月現在)。

BestDoctor岡山先生   BestDoctor平岡先生

NHK総合テレビ『総合診療医ドクターG』に当院医師が出演します【7/26(水)】

 2017年7月26日(水)放送のNHK総合『総合診療医ドクターG』に、当院二年次研修医の上本明日香医師が出演します。ぜひご覧ください。

 

NHK総合『総合診療医ドクターG』

放送日時  2017年7月26日(水)午後10時25分~ 午後11時15分放送

総合診療医 ドクターG「話がかみ合わない」

 

【出 演】獨協医科大学附属病院 医師 志水太郎

【ゲスト】辰巳琢郎、かたせ梨乃

【司 会】浅草キッド

ドクターGが経験した症例に研修医たちが挑む病名推理番組。

患者は63歳の男性。孫とハイキングに出かけるはずが、なんだか話がかみあわない。

男性の身体に何が起きたのか・・・

 

NHK総合『総合診療医ドクターG』番組サイト(NHKのホームページに移動します)ジャンプ

「小児の栄養消化器肝臓病診療ガイドライン・指針」発刊 -消化器病センター長 道堯浩二郎-

ガイドライン

 先日発刊された日本消化器病学会の肝硬変診療ガイドラインに続き、当院の道堯消化器病センター長・研修センター長が委員として参加していたWilson病診療ガイドラインが完成し、「小児の栄養消化器肝臓病診療ガイドライン・指針」として発刊されました。

 この本は、日本小児栄養消化器肝臓病学会が中心となり、肝臓学会など複数の学会と共同で作成されたガイドラインを集めたもので、Wilson病診療ガイドラインはその本の約80ページを占めています。このガイドラインには当院研修医が英文で報告した症例報告も引用されています。

 当院の診療が日本のガイドライン作成、改定に貢献できるようこれからも頑張っていきます。

「肝硬変診療ガイドライン2015」発刊 -消化器病センター長 道堯浩二郎-

ガイドライン

 先日、日本消化器病学会の「肝硬変診療ガイドライン2015」が発刊されました。当院の臨床研修センター長でもある道堯消化器病センター長が、診療ガイドライン評価委員として作成に参加しました。

 

 当院は日本のガイドラインの作成に貢献しており、今後も新しいガイドラインの作成や改定に貢献していきます。

 

平成26年度日本肝臓学会研究奨励賞受賞 -消化器内科部長 平岡淳-

 当院の平岡淳医師が、平成26年度日本肝臓学会研究奨励賞を受賞しました。受賞論文題目は、「肝予備能良好な肝細胞癌に対する肝動脈塞栓術の予後予測からみた治療切り替え時期の検討」です。

 学会の研究奨励賞は一般に大学病院等の基礎的な研究での受賞が多いのですが、当院症例の臨床データを集積、解析した臨床研究で受賞できましたことは、当院の肝癌診療が全国をリードするレベルに達していることを示しており、受賞を誇りに思いますとともに、平岡医師をはじめ肝癌診療に携わる当院消化器内科、消化器外科、放射線科の医師ならびに診療を支えているスタッフの努力に敬意を表したいと思います。

 

平岡淳部長