Q&A

Q&A

Q1

A1

選択科目にはどのような科がありますか?

ほとんどの科において選択研修可能で、病理、放射線科などもあります。各科の選択期間は自由に設定できます。また、県立今治病院や県立新居浜病院など県内他の県立病院での研修も可能です。

Q2

A2

当直時の体制を教えてください。

毎日の管理当直と、二次救急後方支援日に、上級医のもとで研修医がウォークインと救急車対応をします。

Q3

A3

後期研修医として残ることは可能ですか?

各科には後期研修プログラムがあります。後期研修期間は原則、3年間で、1年間、2年間といった短期間の研修も可能です。なお、新たな専門医制度への対応については、新専門医制度の動向をふまえ、別途、お知らせします。

Q4

A4

宿舎はありますか?

敷地内に医師公舎(世帯用・単身用)と職員宿舎(単身用)があります。

Q5

A5

夏期休暇はありますか?

夏期休暇は3日間あります。有給休暇とあわせての活用が可能です。

Q6

A6

年次有給休暇はありますか?

一年次は10日、二年次は11日間の有給休暇があります。

Q7

 

A7

愛媛県立中央病院は2016年度から救急輪番から外れたので、救急の研修はできないのですか。

松山市の救急体制が変わったために、輪番日からは外れ、2.5次体制となっております。輪番病院から対応しきれない患者さんが搬送されてきており、その初期対応を研修できます。また、当院のかかりつけの患者は基本的に当院が受け入れており、時間外、休日対応も行っております。急性腹症、胸痛、発熱など様々な主訴のかかりつけ患者の初期対応も研修医がしております。また、周産期患者や小児科は以前から2次対応をしており、研修しております。1年次後半~2年次には県立今治病院で今治市の輪番日を経験することも可能です(1か月以上の研修)。急性疾患の主訴からの臨床推論を含む勉強会を週1回(理論と手技・実践)行っています。