研修医からのメッセージ

研修医からのメッセージ

 一年次研修医

 二年次研修医

研修医の一日

 事例紹介

一年次研修医 伊藤恭

伊藤恭

 愛媛県立中央病院は中四国でも有数の規模を誇る病院であり、幅広い診療科の先生が在籍されています。とくに二年次初期研修医・専攻医の先生をはじめ多くの若手の先生が各診療科に在籍されており、日常診療や救急対応などであるちょっとした困りごとや専門の先生には直接伺いにくい事柄も、丁寧にご指導いただくことができ、他院にはない特長だと感じています。

 また、同期の研修医が多く在籍することも当院の魅力のひとつです。新しく仕事を始め、慣れない環境にストレスを感じることも多々ありますが、そんなときに分かち合い、ときに愚痴をこぼす、そんな同期の存在はかけがえのないものだと感じています。

 そして、疲れたときには少し街にでてリフレッシュする。松山市駅のすぐ南に位置する立地の良さも大きなアピールポイントです。研修医宿舎も完備されているので、生活に困ることもありません。

 私は学生時の病院実習の際に、熱心に指導していただける体制、病院全体の雰囲気のよさを魅力に感じ、当院での研修を希望しました。皆さんにもこの魅力を感じていただくことができれば、とても嬉しく思います。

 少しでも当院での研修に興味をもたれた方は、ぜひ見学にいらしてください。あなたが魅力的に思い、研修をしたいと感じた病院が、あなたにとって一番研修に適した病院だと私は思います。皆さんとお会いできる日を心からお待ちしています。

一年次研修医 城戸信二

城戸信二

 当院にて研修のスタートを切ってから早くも数ヵ月が経とうとしていますが、非常に充実した研修生活を送っています。

 各診療科での業務は、指導医とチームの一員として、患者さんへのアセスメントを充分に話し合いながら、診療に当たっています。時折、治療法などを提案すると上級医の先生方からフィードバックしていただいたり、また積極的に手技をさせていただいたりと、ただ事務的な業務をこなしていくだけではなく、日々積み上げていくものがあります。

 診療科で学ぶこと以外にも、毎週心電図セミナーや、2年目と症例の振り返りなどあらゆる学びの場があります。業務に追われることもありますが、一人一人にメンターをつけて下さったり、同期や2年目の先生方、そして事務の方々の手厚いバックアップによって、日々の生活で生じた悩み、疑問などをすぐに相談できる環境があります。ぜひ来年度、新たな研修医の方々と研鑽を積めればと思いますので、一度見学に来てみて下さい。新たな出会いを楽しみにしています。

二年次研修医 堀内美香

堀内美香

 研修医2年目の堀内美香です。当院で研修を始めて早1年が過ぎました。熱心な先生方のご指導のもとで多くの経験をさせていただき、充実した日々を過ごしています。当院は全国に41施設しかない高度救命救急センターとして機能しており、3次救急にも対応しているため、幅広い症例をみることができるのが特徴です。重症患者の初期対応から回復、退院までの全ての経過を追うことができるのは、当院だからこそできる非常に貴重な経験だと思います。

 将来の診療科を決定するにあたり、研修医時代の“経験”や“人との出会い”はとても重要です。当院ではほぼすべての診療科が揃っており、ローテートを自由に組める期間も長いため、進路を迷っている方でも、色々な診療科での研修を通してじっくりと将来を考える時間を作ることができます。また、同期・上級医の数が圧倒的に多いため(市中病院では県内最多)、きっと自分の目標とする人に出会えると思います。

 医師として歩み始める最初の2年間をぜひ当院で過ごしてみませんか。少しでも興味のある方はぜひ一度見学に来てください。みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

二年次研修医 仙田貴大

土居未歩

 当院は各科の先生方も大勢在籍されており、県内随一、中・四国でも有数の規模を誇る病院です。私も1年間の研修を通じて充実した指導体制の下、症例数にも恵まれ充実した指導を受けることができていると日々実感しています。

 救急当直では、当直医、2年目研修医と共に今年から医師として歩み始めた1年目の先生方も当直を開始していますが、細かいところまで2年目に相談することができ良い環境で研修ができるのではないかと感じています。昨年度はなかなか2年目と1年目での当直がなかったのですが、今年は2年目の数も多く1年目の先生方も比較的のびのびと当直ができているのではないでしょうか。来年度も2年目+1年目と同様の当直体制が組めると思います。

  県立中央病院に興味がある学生の方々、ぜひ一度見学に来ていただき、研修医の日常を自分の目で確かめて頂けたらと感じております。皆様と一緒に働ける日を心待ちにしています。

研修医の一日

事例1

7:30~ カルテで担当患者のバイタル等チェックして回診
8:30~ 採血結果確認、主治医と治療方針相談
9:00~ 検査・処方等オーダ、指示簿追加・看護師へ指示、カルテ記載
12:00~ 昼食
13:00~ カルテ記載、明日以降の検査・処方など
17:00~ カンファレンス
19:00~ 入院予定患者の指示簿・検査・ケモレジメン入力など
21:00~ 研修医室で調べもの
22:00 帰宅

 

事例2

8:00~ 病棟回診
9:00~ 外来
13:00~ 昼食
14:00~ 病棟患者のカルテ記載・処方オーダなど
17:00~ カンファレンス
18:00~ スライド作り
19:00 帰宅

 

事例3(救急日)

~16:50 各科業務
16:50~ スタッフ打合せ
17:00~

救急車対応

・肺炎にて他院から紹介 ⇒ 肺炎の評価

 ⇒呼吸器内科コンサルト ⇒ 入院

・ケモ後体調不良 ⇒ 採血

 ⇒消化器外科コンサルト ⇒ 入院

・めまい ⇒ 採血・頭部CTなど ⇒ 帰宅