研修医・専攻医からのメッセージ

研修医からのメッセージ

 一年次研修医

 二年次研修医

専攻医からのメッセージ

 専攻医

研修医の一日

 事例紹介

一年次研修医 近藤 啓介

近藤啓介

 学生の頃から「地元である愛媛の医療に貢献できたらいいな」と思っていました。大学は他県でしたが、5年生と6年生の時に選択実習というのがあり、私は当院を選んで実習しました。その時に「卒業後はこの病院で研修したい」と思い、今に至ります。

  当院は愛媛県の中核病院であり、毎日様々な患者さんが来られます。そのため疾患について幅広い勉強ができると思います。また指導医や上級医の先生方は熱心に指導してくださいます。

 研修が始まってまだ一ヶ月程ですが、何度か当直にはいることがありました。そこでは、テキパキと動く研修2年目の先生方がとても頼もしく感じました。1年後、さらには将来の医師としての自分の姿を想像しつつ、充実した研修生活を送っています。また研修医同士の勉強会など、研修プログラムが充実しているのも当院の魅力のひとつです。

 これを読んでいる方の中には、どこで臨床研修をしようかと悩んでいる方もいるかもしれません。ぜひ一度、気軽に見学にいらしてください。みなさんとお会いできる日を楽しみにしています。

一年次研修医 土居 未歩

土居未歩

 私が当院を選んだ理由はまず一つに症例数の多さがあります。当院は愛媛で最大規模の病院であり、さまざまな症例を勉強することができます。もう一つの理由としてすべての科がそろっているというところがあります。私はまだ自分がどこの科に行きたいのか決めきれていないのでそこも魅力に感じました。

 救急体制が変わり、救急対応が他の病院にくらべてできないのではないかと心配していましたが、当直では一人ひとりの患者さんに時間をかけることができ、自分たちでどんな検査をしたらいいか、どんな病気が考えられるかなどをじっくり考えながら救急対応ができるので流れ作業にならず、自分で考える習慣がつき、救急対応の力をつけることができると思います。また、当院では3次救急の対応もしているので、重症患者の初期対応から、全身管理、回復の過程までみることができるのもひとつの魅力だと思います。

  当院には若い先生も多く、年齢が近いので、ちょっとしたことでも自分が分からないことがあったら、すぐに聞きやすい環境になっていると思います。他にもたくさん良いところがある病院なのでぜひ一度見学に来てください。

二年次研修医 矢野 敦之

矢野敦之

 当院の研修病院としての魅力の一つに、その豊富な症例数があげられます。当院は中四国の病院の中でも最大規模の病院であり、おそらく、どの科においても経験できる症例数に困ることはないと思います。そして、病院の規模が大きい分、指導医や専攻医の先生方も多く、患者さんや疾患のことに関して、相談しやすい環境も魅力の一つだと思います。また、当院では3次救急対応もしており、いわゆるcommon diseaseから、重症の症例まで、幅広い症例を経験することができます。

 私も気付けばあっという間に初期研修医二年目となってしまいましたが、この一年を振り返ってみると豊富な症例を経験させていただきました。二年目は比較的自由度の高いプログラムになっており、自分の将来を見据えた研修が可能です。また、地域の病院での研修も可能で、当院のような大規模病院とは違った環境で、幅広い経験をつむことができます。

 皆様もぜひ一度当院へ見学に来て、研修医の様子や病院の雰囲気を自分の目で確認してみて下さい。

二年次研修医 大屋 英里子

大屋英里子

 愛媛県立中央病院の魅力は(1)3次救急があること、(2)内科、外科、形成外科、皮膚科等専門医まで取得できること、(3)マイナー科の症例数が多いこと、(4)同期が多いことだと思います。

 学生のころは(1)はあまり重要だと思っていませんでした。実際働き出してみると、自身の見ていた患者さんの状態が悪化して3次対応が必要になることもあります。そのとき、3次救急のない病院では転院になり経過を追うことが難しくなります。その点、愛媛県立中央病院ではほとんど院内で完結するので、経過フォローという観点からも自身の勉強という観点からも大きな意味を持ってきます。

 また、私は将来マイナー科志望なので、病院を選ぶときに(3)はとても大切でした。愛媛県立中央病院では症例の取り合いになる場面はほぼありません。

 (4)に関しては賛否両論あると思いますが、いろいろなキャラクターの人に居場所がある病院だと思っています。

 ぜひ一度見学に来ていただいて、今お話した魅力を直に感じてもらえればと思います。

専攻医(循環器内科) 城戸 信輔

城戸信輔

 私は初期研修1年目、2年目を基幹型として愛媛県立中央病院で勤務させていただきました。その後、循環器内科専攻医として引き続き同病院で後期研修をスタートしております。

 私が当院を後期研修先として選んだ理由として、症例数が豊富であり多くの手技を学べるということも一つの大きな理由ではありますが、今後新内科専門医制度が施行される中で、スムーズに専門医を取得することができる環境が整っているのも当院の魅力だと考えております。各診療科には多くの指導医がおり、専門医取得条件として当院での研修で十分まかなうことが可能です。そのため初期研修で慣れた環境で引き続き後期研修を行うことにはメリットがあると思います。

愛媛県での研修を考えている方は、ぜひ一度病院見学に来てみてください。

専攻医(消化器外科) 佐藤 潤弥

佐藤潤弥

 私が初期研修・後期研修に当院を選んだ理由としては、豊富な症例数と恵まれた指導体制があげられます。

 当院の消化器外科は、症例数が豊富で、癌治療だけではなく、虫垂炎や胆嚢炎、消化管穿孔などの緊急手術症例も豊富です。手術手技の上達や、周術期管理の経験を積み医師として成長していくことができます。

 教育体制も充実しており、先輩医師の方々から手術や周術期管理について指導していただくだけでなく、学会発表等の学術的な指導も充実しております。

 愛媛で研修をしたいと考えている方は、ぜひ一度見学に来てください。これを読んでくださった皆様と、働ける日が来ることを、楽しみにしております。

研修医の一日

事例1

7:30~ カルテで担当患者のバイタル等チェックして回診
8:30~ 採血結果確認、主治医と治療方針相談
9:00~ 検査・処方等オーダ、指示簿追加・看護師へ指示、カルテ記載
12:00~ 昼食
13:00~ カルテ記載、明日以降の検査・処方など
17:00~ カンファレンス
19:00~ 入院予定患者の指示簿・検査・ケモレジメン入力など
21:00~ 研修医室で調べもの
22:00 帰宅

 

事例2

8:00~ 病棟回診
9:00~ 外来
13:00~ 昼食
14:00~ 病棟患者のカルテ記載・処方オーダなど
17:00~ カンファレンス
18:00~ スライド作り
19:00 帰宅

 

事例3(救急日)

~16:50 各科業務
16:50~ スタッフ打合せ
17:00~

救急車対応

・肺炎にて他院から紹介 ⇒ 肺炎の評価

 ⇒呼吸器内科コンサルト ⇒ 入院

・ケモ後体調不良 ⇒ 採血

 ⇒消化器外科コンサルト ⇒ 入院

・めまい ⇒ 採血・頭部CTなど ⇒ 帰宅