平成29年度 愛媛県立中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1767 340 401 694 1209 1713 3736 4500 2747 325
【解説】
上表は、平成29年度(平成29年4月1日~平成30年3月31日)に当院を退院された患者さんを10歳刻みの年齢階級別に集計したものです。年齢は入院日時点の満年齢を使用しています。
当院は、高度救命救急センター、総合周産期母子医療センター、地域医療支援病院、地域がん診療連携拠点病院等の指定を受けており、救急医療、周産期医療、急性期医療を中心に、全国標準の医療を、幅広い年齢の患者さんに提供しています。患者さんの年齢構成を見ると60歳以上の患者さんの割合が、昨年度同様に全体の約65%を占めていますが、高齢化の進展とこれに伴うがん患者の増加を反映したものと考えられます。一方、10歳未満の患者さんが約10%と多いのは総合周産期母子医療センターとして、県全域からハイリスク妊娠・分娩の妊婦さんを受入れ、早産、低出生体重児などの診療を多く行っているためです。
なお、当院には、2次及び3次救急や合併症を持つ高齢のがん患者さんなど、重症または重症化しやすい患者さんが多く入院しており、これが当院の特徴の一つになっています。
(注)厚生労働省が定めた集計・公開条件により、医科保険診療外の診療を一部でも行った患者さんが集計対象外になっていますので、自費診療を伴う分娩、帝王切開や労災、自賠責適用などの患者さんが上表には計上されていません。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 147 5.56 5.94 0.00% 12
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 53 5.77 6.32 0.00% 3.3
030270xxxxxxxx 上気道炎 50 3.86 4.84 0.00% 1.5
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 50 4.18 5.50 0.00% 2.5
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 32 4.44 6.03 0.00% 2.6
【解説】
小児科では、RSウイルスによる乳児の急性細気管支炎、肺炎、気管支喘息などの呼吸器疾患の患者さんが多くなっています。とくにRSウイルス感染症は、もともと冬に流行する感染症として有名でしたが、ここ1~2年は年間を通じて発生しており、平成29年、30年は8月に大流行しています。小さなお子さんの呼吸器疾患(特に2歳未満のRSウイルス感染症)は重症化しやすく、入院となり酸素投与や呼吸補助をしないといけない場合が多く、時にはICUで対応しないといけません。また、ウイルス性腸炎のうち、小児が罹患して重症化するロタウイルスは、ワクチンの接種により以前より軽症化し、外来で対応できる症例が増えてきていますが、ワクチン接種していない場合やノロウイルスなどの胃腸炎の乳幼児は、重症化することが多く、頻回な嘔吐や下痢などの症状が出現し脱水症になるため、改善するまで、4~7日間程度入院の上、点滴加療が必要です。表に記載されている疾患は、基本的にはしっかり治るまで当院で治療を行い、当院からの退院となります。特別な症例を除いて、他の病院へ転院することはありません。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等21あり 82 2.94 2.93 2.44% 67.8
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 64 30.91 27.09 89.06% 77.8
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 52 5.69 5.21 1.92% 45.8
070350xx99xxxx 椎間板変性、ヘルニア 手術なし 51 2.94 8.83 5.88% 46.5
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 50 22.58 25.09 98.00% 74.0
【解説】
整形外科では、高齢者の転倒で発症する大腿骨骨折による手術が多く行われています。当院は急性期病院であり、回復期リハビリテーションは他施設に依頼するため、表2番目の股関節大腿近位骨折の転院率は9割近くになっています。こうした地域の医療機関との連携を密にすることにより、平均在院日数は全国平均レベルとなっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 31 3.52 4.14 0.00% 42.7
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 28 10.07 9.64 0.00% 5.8
060565xxxxx0xx 顎変形症 手術・処置等2なし 24 8.50 8.70 0.00% 25.7
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 14 6.36 5.80 0.00% 53.3
080220xx97xxxx エクリン汗腺の障害、アポクリン汗腺の障害 手術あり 12 5.50 6.87 0.00% 33.3
【解説】
形成外科では口唇裂、口蓋裂のような先天性疾患、顎変形症や良性腫瘍、汗腺系の障害まで多岐にわたる入院患者の手術を行っています。平均在院日数も全国平均を下回るようできる限り努力しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 51 19.14 19.10 84.31% 71.1
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 20.88 21.61 14.71% 55.4
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 10.88 9.68 20.59% 76.7
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 10.70 7.34 30.30% 57.3
010070xx9912xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等22あり 29 4.10 5.62 34.50% 50.7
【解説】
表1番目の代表的な疾患は軽症の脳内出血です。軽症ですが、麻痺を伴っていることが多く、リハビリテーション病院に早期に転院しています。2番目の代表的な疾患は、脳腫瘍です。当院では、良性腫瘍だけでなく、悪性腫瘍の治療も行っています。良性腫瘍では、多くの患者さんが、術後早期に自宅へ退院となります。3番目の代表的な疾患は、軽微な外傷の後に発生する慢性硬膜下血腫ですが、慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭)を行うことで、多くは術後1~2週間で自宅へ退院します。4番目の代表的な疾患は、軽傷の頭部外傷患者です。外科的適応のない患者さんでは、保存的に治療を行います。5番目の代表的な疾患は、脳動脈瘤などの出血性脳血管障害と脳梗塞などの虚血性脳血管障害です。入院による血管撮影や脳血流検査などの精査の後に、必要に応じて、外科的処置を行っています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 147 8.86 12.35 2.04% 68.5
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 9.69 10.04 0.00% 36.1
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 9.14
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 19.65
040010xx01x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 縦隔悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 11.03
【解説】
呼吸器外科では主に肺の悪性腫瘍(肺癌)を中心に診療を行っています。手術は、身体への負担が少ない完全胸腔鏡下手術を導入することにより、心肺持久力の低下や認知症の発症予防を図っています。その結果、平均在院日数は全国平均に比べて4日間短く、大幅に短縮できています。ほとんどの場合、患者さんは術後1週間以内に退院して日常生活に戻っています。
(注)厚生労働省が定めた集計・公開条件により、年間10症例未満の区分については、患者数等各項目を”ー”で表示しています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 71 8.08 12.51 7.04% 76.9
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 60 22.65 23.93 38.33% 73.2
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 36 16.94 23.29 22.22% 70.6
050163xx99000x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 3.69 8.40 8.33% 76.2
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等21あり 副傷病なし 32 21.84 28.04 56.25% 70.6
【解説】
心臓血管外科では開胸手術に加えて低侵襲手術(ステント内挿術等)も積極的に行っております。また、緊急手術が必要な患者さんも積極的に受け入れてます。近年は在院日数も減少傾向となっており、表の5つの疾患とも全国の平均在院日数より短くなっています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 14 3.00 3.26 0.00% 2.6
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 12 3.00 8.33 0.00% 2.2
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 10 3.60 5.56 0.00% 10.4
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 7.01
060160x102xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 2.84
【解説】
患者数が多いDPCは停留精巣、臍ヘルニア、急性虫垂炎です。これは全国のどの病院の小児外科でも同様の傾向と思われます。小児外科疾患は多種多様で、一つ一つの疾患の患者数が少ないのが特色です。
なお、当科の平成29年の入院患者数205人のうち、最も多い疾患は外鼠径ヘルニアの95人ですが、ほとんど「短期滞在手術」でDPC対象疾患でないことから、表のデータには反映されていません。
(注)厚生労働省が定めた集計・公開条件により、年間10症例未満の区分については、患者数等各項目を”ー”で表示しています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 93 5.39 6.37 0.00% 45.7
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 78 34.35 20.41 8.97% 30.6
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 75 5.24 6.28 0.00% 43.5
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 28 8.64 9.91 0.00% 47.1
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 28 8.64 9.27 0.00% 72.0
【解説】
県内唯一の総合周産期母子医療センターとして、切迫早産などの異常妊娠に対応しています(表2番目)。平均在院日数が長いのは、より重症な患者さんに特化しているためですが、地域の医療機関と連携し、転院率も高くなっています。卵巣嚢腫や子宮筋腫などの婦人科良性疾患の多くは腹腔鏡下手術で行い、平均在院日数も短縮されています(表1, 3番目)。また、開腹による子宮の手術や、子宮脱の手術なども、全国平均と比べて在院日数が短くなっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 69 12.00 10.21 0.00% 58.9
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 58 6.34 7.31 0.00% 67.6
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 41 5.68 6.63 4.88% 64.0
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 29 5.45 7.96 0.00% 64.5
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 25 3.76 2.85 16.00% 80.7
【解説】
主に硝子体茎顕微鏡下離断術を必要とした症例群です。網膜剥離は主に裂孔原性網膜剥離で、黄斑、後極変性は主に黄斑円孔、網膜前膜などです。また、硝子体疾患には、増殖硝子体網膜症、硝子体出血、硝子体混濁などが該当します。この疾患群には難治性眼疾患が数多く含まれているにもかかわらず、平均在院日数は約6~12日と全国平均と比較して遜色のない日数となっています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 60 7.32 7.23 0.00% 57.2
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 56 7.66 8.01 0.00% 20.5
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 39 7.72 7.58 0.00% 61.7
030240xx97xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 その他の手術あり 36 8.39 8.61 0.00% 24.2
030250xx970xxx 睡眠時無呼吸 手術あり 手術・処置等1なし 35 8.31 8.31 0.00% 8.5
【解説】
当科で多いのは扁桃・アデノイド疾患で、慢性疾患、急性感染症、肥大による睡眠時無呼吸などがこれに該当します。概ね7~8日の平均在院日数であり、全国平均在院日数と同等もしくは若干短く、標準的な治療が行えていると考えています。慢性副鼻腔炎や慢性化膿性中耳炎、中耳真珠腫症などの耳鼻咽喉科領域の代表的な疾患も多く、ほとんどが手術加療を行う症例です。これらの疾患の平均年齢は50~60歳代で、壮年期の症例が多い傾向にありますが、平均在院日数は全国平均と同等もしくは若干短くなっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等24あり 副傷病なし 91 12.34 16.95 13.19% 60.6
010130xx99x4xx 重症筋無力症 手術なし 手術・処置等24あり 25 17.92 19.29 8.00% 59.2
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 22 17.73 20.55 40.91% 73.7
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 19 17.58 16.38 36.84% 65.6
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 18.12 18.66 5.88% 67.3
【解説】
当科は脳卒中(そのうち主には脳梗塞)、神経変性疾患(パーキンソン病ならびにその関連疾患)、神経免疫疾患(重症筋無力症、多発性硬化症、慢性炎症性脱髄性多発神経炎など)が診療対象の多くを占めています。29年度は神経免疫疾患の患者さんに対して、大量免疫グロブリン療法や血液浄化療法を行った症例が多かったことが表に反映されています。脳梗塞については、特に発症4~5時間までの特に急性期の症例に対して、血栓溶解療法や血栓回収療法を積極的に行っています。パーキンソン病の患者さんについては、薬剤調整のための短期入院も計画的に行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 17 5.71 8.50 0.00% 76.1
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2なし 13 25.62 29.24 30.77% 74.1
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 12 8.17 11.73 8.33% 60.4
080190xxxxxxxx 脱毛症 10 3.00 3.60 0.00% 43.8
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 17.16
【解説】
悪性腫瘍切除術では、縫縮術ができないものは全層、分層植皮術を実施しています。水疱症については、水疱性類天疱瘡が増加しています。蜂窩織炎では平均8日間の点滴静注を実施しています。脱毛症はステロイドパルス療法を行っています。
(注)厚生労働省が定めた集計・公開条件により、年間10症例未満の区分については、患者数等各項目を”ー”で表示しています。

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 203 6.43 7.31 0.99% 75.1
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 86 11.45 12.92 0.00% 68.8
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 67 5.24 5.75 2.99% 62.5
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 56 10.79 11.29 1.79% 74.0
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 43 10.47 11.31 0.00% 71.0
【解説】
当科では、尿路上皮癌(腎盂癌・尿管癌・膀胱癌)に対する手術(内視鏡手術、腹腔鏡手術)及び検査、前立腺癌に対するロボットを使った根治術、尿路結石に対する内視鏡手術を多く行っています。表の全ての疾患において全国の平均在院日数を下回っており、患者さんは、術後、問題なく退院しています。尿路結石治療については、高齢で施設入所中の患者さんが多く、術後はその施設に戻るために転院率が高くなっています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 192 2.86 3.59 0.52% 71.0
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 159 10.31 11.99 3.77% 70.5
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 110 11.11 19.65 13.64% 73.8
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 10.45 14.60 24.24% 72.9
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 31 21.77 23.68 12.90% 72.8
【解説】
当科では、肺癌症例の増加に伴い、正確な確定診断を得るための気管支鏡検査入院を行っていますが、患者さんの負担軽減のため、入院日数をできるだけ短くしています。その後、抗がん剤治療適応と判断された場合、初回は入院のうえで副作用の有無を評価し、2回目以降は外来化学療法を主体とし、患者さんのQOLが維持できるように努めています。間質性肺炎についても、治療導入後の薬剤調整は外来通院によって継続し、入院の負担をできるだけ軽減しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 283 2.60 3.03 0.00% 66.8
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 164 3.49 4.62 0.00% 68.0
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 104 8.97 12.72 2.88% 66.5
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 101 13.84 17.71 19.80% 78.7
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 93 4.55 5.30 0.00% 61.0
【解説】
在院日数は、診断、治療、合併症の防止、リハビリ、地域連携など病院の総合力が現れる部分です。一般的には、在院日数が短いほど効率的な医療が行われていると考えられます。循環器内科で最も多い症例は、心臓カテーテル検査のための入院であり、手の動脈からのアプローチにより全国平均よりも短い在院日数となっています。表の2番目は待機的なカテーテルによる治療、3番目は急性心筋梗塞に対する緊急のカテーテル治療であり、適切な治療と術後の管理により、いずれも全国平均よりも短い在院日数となっています。
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 85 9.02 14.27 1.18% 62.5
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 53 7.98 11.16 0.00% 60.2
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 52 9.29 15.87 0.00% 70.5
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 52 9.62 15.63 1.92% 68.7
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 42 9.95 14.63 0.00% 65.9
【解説】
当院では、糖尿病による入院加療について、医師、看護師のみならず、栄養士、検査技師、薬剤師、理学療法士などの多職種のスタッフが、集中的に充実した糖尿病教育、入院加療のサポ-トを行うことにより、全国在院日数を大幅に下回っています。効率的な医療を行うことにより、勤務されている患者さんにも入院加療しやすい体制を整えています。なお、当院の糖尿病教育入院は8日間です。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 135 8.45 12.23 5.19% 63.6
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 58 4.71 7.35 1.72% 43.5
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 40 16.88 22.12 10.00% 65.5
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 38 31.63 36.38 10.53% 69.0
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 35 13.11 14.55 8.57% 72.0
【解説】
腎臓内科では慢性腎不全、慢性腎炎、ネフローゼ症候群及び腎機能障害を伴う膠原病、自己免疫疾患の患者さんが多くなっています。慢性腎炎、ネフローゼ症候群では腎生検にて確定診断を行い、的確な治療を行うよう心がけています。また、クリニカルパス導入や、多職種を含めた集学的治療を行い、早期の退院を目指しています。なお、表中の平均在院日数はいずれも全国を下回っています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 3.75 3.58 18.75% 50.3
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2なし 13 2.54 4.01 7.69% 59.0
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20.83
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 19.01
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 9.68
【解説】
当院に搬送される敗血症の患者さんのうち、重症例は当科で管理することが多くなっています。人工呼吸器や体外循環を必要とする場合は集中治療室に収容し、集学的治療(様々な治療の組み合わせ)を行っています。外傷患者では、重症であっても手術を必要としないケースも多く、それらの患者さんも集中治療室で保存的な全身管理を行っています。薬物中毒では農薬、睡眠剤による自殺企図による症例が多く、農薬中毒の場合は重症となることが多い傾向にあります。ただし、死亡例は少なく、軽快転院または退院することが多くなっています。
(注)厚生労働省が定めた集計・公開条件により、年間10症例未満の区分については、患者数等各項目を”ー”で表示しています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等24あり 56 8.79 10.60 0.00% 69.9
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 55 29.11 40.97 9.09% 55.8
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 52 13.00 16.48 1.92% 62.8
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 40 10.68 21.28 10.00% 71.7
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 23 20.74 33.42 0.0% 70.3
【解説】
当院は、急性白血病の患者さんを積極的に受け入れています。急性白血病は入院加療が原則で、化学療法毎に入退院を繰り返して治療をします。当院は移植拠点病院でもあり、造血幹細胞移植が必要な患者さんには、迅速に移植を行うようにしております。非ホジキンリンパ腫は初回に入院加療し、その後は外来で治療しています。外来では安全、安心して化学療法を継続する体制を整えております。白血病もリンパ腫もチーム医療を推進することにより入院期間は短くなっており、なるべく、患者さんが日常生活を送りながら、QOLを保てられるように心がけています。骨髄異形成症候群の患者さんは入院してビダーザ治療をおこなっていますが、外来でビダーザを投与することも多くなっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 243 8.30 10.61 5.76% 74.3
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 131 5.73 8.73 0.00% 72.7
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 117 7.52 11.44 4.27% 74.3
060300xx97100x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 12.85 13.61 6.56% 65.4
060050xx0310xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 57 9.72 15.39 0.00% 71.1
【解説】
当科では総胆管結石、胃がん、肝臓がん、胆膵系のがん、肝硬変に伴う合併症の患者さんが多い傾向にあります。これらは胆管結石に対する内視鏡治療、早期胃がんの内視鏡治療、肝臓がんに対する血管塞栓療法、局所焼灼療法、肝硬変の合併症による食道静脈瘤治療等、外科的な治療方法ではなく内科的な治療を行ったものです。このように内科的で低侵襲な治療件数が多くなっておりますが、いずれの治療においても全国平均より短い入院期間で治療を行い、かつ、転院ではなく自宅へ帰られる方がほとんどだということがわかります。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 224 4.50 7.40 2.23% 62.3
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 112 10.61 15.61 5.36% 71.2
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 104 12.34 17.27 5.77% 70.9
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 副傷病なし 62 11.37 17.49 1.61% 67.6
060050xx02x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝切除術 部分切除等 手術・処置等2なし 44 9.43 15.47 0.00% 68.6
【解説】
当科の入院患者さんは、ほとんどが手術を行うことを目的とした患者さんで、診断群(DPCコード)、手術種類(Kコード)による分類の仕方により、患者数の順位が変わっています。平成29年度の実績では、胃悪性腫瘍手術は70.9%、大腸悪性腫瘍手術は88.9%、総胆管結石を除く胆嚢摘出術は100%が腹腔鏡下によって行われ、その腹腔鏡下の比率はいずれも年々、増加傾向にあります。特に腹腔鏡下胆嚢摘出術ではreduced port surgeryを積極的に導入し、単孔式をはじめとして細径鉗子の使用など、整容性の更なる向上に努めています。また、ヘルニア外来を設け、近年増加している成人ヘルニアに積極的に対応しています。いずれの疾患でも、在院日数は全国平均と比較して極めて良好で、術後の経過が順調である事がわかります。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 15.29 20.83 42.86% 76.8
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 17.16
100330xxxxx0xx 栄養障害(その他) 手術・処置等2なし 17.51
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 19.01
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 12.34
【解説】
当科では「いかなる患者の症状や問題・疾患にも対応する」ことを基本方針に、高度な臓器別専門治療を必要としない患者さんや複数の疾患を持つ患者さん(特に高齢者)を主に診療しています。高齢者の誤嚥性肺炎、尿路感染症、敗血症などの感染症が入院患者の上位を占めます。そのほか昨年度は不明熱として入院し、成人スチル病、血管炎、リウマチ性多発筋痛症などの自己免疫性疾患と診断された例が多くありました。
(注)厚生労働省が定めた集計・公開条件により、年間10症例未満の区分については、患者数等各項目を”ー”で表示しています。
乳腺・内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 73 6.48 6.37 0.00% 63.3
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 47 11.62 11.45 2.13% 64.4
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 46 6.63 9.20 0.00% 52.7
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 35 3.11 4.49 0.00% 59.5
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 23 4.87 4.42 0.00% 64.8
【解説】
当院の乳癌手術の患者さんの特徴は、平均年齢が63歳と全国平均より約10歳以上も上回って高齢化していることです。甲状腺悪性腫瘍手術に関しては、クリニカルパスを用いています。約7日間の入院期間となっており、全国平均より大幅に短縮できています。乳癌の化学療法のための入院は、急性期副作用のチェックや外来への移行準備のため、ほぼ全例3日間の入院期間に統一されています。
新生児内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 264 3.44 6.18 0.76% 0.0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 98 12.37 11.49 3.06% 0.0
140010x297x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術あり 手術・処置等2なし 33 19.73 15.80 0.00% 0.0
140010x299x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等22あり 29 32.55 27.18 0.00% 0.0
140010x197x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術あり 手術・処置等2なし 15 9.73 8.41 6.67% 0.0
【解説】
当科では、NICU、GCUにおいて集中治療を行っています。超低出生体重児などの早産児から、成熟児の呼吸障害まで、病的新生児全般に対応しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 208 41 22 52 20 8 1 7
大腸癌 94 80 64 84 32 17 1 7
乳癌 76 88 39 10 0 21 1 7
肺癌 189 53 86 169 71 145 1 7
肝癌 35 32 20 11 14 199 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【解説】
様々な癌腫の患者さんを診ています。胃癌や大腸がんでは、Stage1の方は、内視鏡による切除も行われています。進行例では抗がん剤による治療が行われています。肝癌では、stage1では、ラジオ波焼却術が行われています。肺癌では、stege1では手術が行われます。Stage2~3では抗がん剤、放射線療法、手術療法を組み合わせた治療が行われます。Stage4では分子標的治療や免疫ポイント阻害薬といった、新規の治療法が導入されています。
いずれのがんについても、専門医がガイドラインに沿った最適の治療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 10.94 58.25
中等症 87 11.99 71.10
重症 27 16.63 79.37
超重症 9 16.00 80.33
不明 0 0.00 0.00
【解説】
市中肺炎とは、普段、自宅で生活されている方に発症した肺炎です。重症度は、①年齢、②脱水の有無、③酸素吸入の必要性、④意識障害の有無、⑤血圧低下の有無の5項目で判定されます。軽症というのは、5項目のうちどれも満たさない方で、外来治療も可能ということです。中等症は、1~2項目を満たし、入院治療が勧められます。重症は3項目を、超重症は4~5項目を満たす方で、ICUへの入院などを考慮する状態です。高齢の方ほど重症度が高い傾向にありますが、これは糖尿病、心疾患、肝疾患、腎疾患、神経疾患などの基礎疾患を持つことが多いためと考えられます。当院では総合病院の強みを生かして、肺炎だけではなく、併存疾患の治療も行っています。さらに、入院生活が長くなると寝たきりになるリスクが高いため、速めにリハビリスタッフと連携しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 142 19.68 71.85 50.31
その他 21 17.00 68.48 9.20
【解説】
当院では、脳梗塞患者の治療は脳卒中センターが担当しており、年間150~200名の患者の加療を行っています。I63$に分類される脳梗塞のうちの87%(142名/163名)が発症から3日以内の急性期患者となっています。急性期病院として当センターの実状を反映したものと考えます。急性期脳梗塞患者の平均年齢は70歳前後で、高齢患者の割合が増加しています。約60%の患者が回復期リハビリテーション病院や施設への転院となっており、当院の脳梗塞患者は高齢で重症度の高い例が多いことを反映した結果と考えます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 95 1.32 19.94 95.79% 71.8
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 69 5.43 16.07 63.77% 61.4
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 67 4.82 22.78 85.07% 63.9
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 58 2.78 17.02 51.72% 67.6
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 54 3.06 19.91 31.48% 54.0
【解説】
当科では、骨折観血的手術が大半を占めています 。次に、人工関節置換術が多い傾向にあります。当院は急性期病院であり、回復期リハビリテーションは他施設に依頼しているため、転院率が高くなっています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹) 24 0.75 4.13 0.00% 50.6
K4442 下顎骨形成術(短縮又は伸長の場合) 20 1.00 12.60 0.00% 27.2
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 18 0.72 1.39 0.00% 17.9
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 14 0.50 2.79 0.00% 39.9
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 13 0.69 2.15 0.00% 44.3
【解説】
手術は皮膚、皮下腫瘍は術後平均1~3日、軟部腫瘍は術後4~5日で退院可能です。腫瘍は入院が必要な方でも比較的短期間で退院可能です。また、顎変形症のような下顎骨形成術が必要な方は、矯正歯科医と合同で治療を行っており、術後12日程度の退院が可能です。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 60 5.72 29.08 30.00% 56.8
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 52 0.52 10.10 36.54% 80.0
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 39 0.85 25.77 41.03% 60.9
K1781 脳血管内手術(1箇所) 21 2.86 27.71 61.90% 68.3
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 17 2.76 28.94 82.35% 62.9
【解説】
頭蓋内腫瘍摘出術は、良性、悪性を問わず、脳腫瘍の患者さんに行います。当院では、良性腫瘍ばかりでなく、悪性腫瘍の治療も行っており、70%の患者さんが、自宅へ退院しています。慢性硬膜下血腫は、高齢者に多い疾患ですが、慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭)を行うことで、多くは術後1~2週間で自宅へ退院します。脳動脈瘤頸部クリッピング術は、くも膜下出血や未破裂脳動脈瘤の患者さんに行います。くも膜下出血の方は、1か月後位にリハビリ病院に転院することが多いですが、未破裂動脈瘤の方は約10日で自宅へ退院します。また、脳動脈瘤の治療には、カテーテルを用いた脳血管内手術(コイル塞栓術)も積極的に行っています。頭蓋内血腫除去術は、脳血管障害や頭部外傷による脳内血腫に対する手術ですが、手術を行っても、麻痺などの症状が残存するため、早期にリハビリテーション病院に転院します。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 等 104 1.16 6.56 1.92% 68.5
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 等 20 1.35 7.75 5.00% 69.5
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 等 15 1.20 4.33 0.00% 65.8
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 等 13 4.46 3.00 0.00% 32.3
K502 縦隔腫瘍、胸腺摘出術
【解説】
完全胸腔鏡下手術は身体への負担が少なく回復が早く進むことから、開胸手術の場合に比べて術後入院日数は短くなります。肺悪性腫瘍に対する胸腔鏡手術(表1番目)の場合、開胸手術(表2番目)と異なり、さらなる療養を希望して転院していく患者さんはほとんどいません。
(注)厚生労働省が定めた集計・公開条件により、年間10症例未満の手術については、患者数等各項目を”ー”で表示しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 57 0.95 6.18 10.53% 76.4
K5551 弁置換術(1弁) 40 5.93 21.18 37.50% 72.1
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 39 4.59 13.92 23.08% 69.2
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 38 2.26 21.13 39.47% 69.3
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) 24 0.00 2.17 0.00% 57.6
【解説】
ステント内挿術に加え、虚血性心疾患手術を受ける患者さんが増加しています。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 94 1.00 1.09 0.00% 3.7
K6333 臍ヘルニア手術 12 1.00 1.00 0.00% 2.2
K836 停留精巣固定術 12 1.00 1.00 0.00% 2.8
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 10 0.30 2.30 0.00% 10.4
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの)
【解説】
外鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下手術が最多となっています。なお、片側のみの手術でもKコード上は両側となります(実際には全例で両側手術しているわけではありません。)。外鼠径ヘルニアに対しては、年齢、性別を問わず全て腹腔鏡下に手術を行っています。また虫垂炎の手術においても、全て腹腔鏡に行い、最近はほとんど開腹手術を行うことはありません。
(注)厚生労働省が定めた集計・公開条件により、年間10症例未満の手術については、患者数等各項目を”ー”で表示しています。

産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 91 0.92 3.42 0.00% 45.4
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 54 1.48 3.37 1.85% 47.9
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 39 0.97 3.38 0.00% 38.7
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 29 7.79 6.17 3.45% 32.6
K877 子宮全摘術 28 1.04 7.46 0.00% 50.1
【解説】
卵巣嚢腫や子宮筋腫などの婦人科良性疾患の手術は、術後の痛みの軽減や傷の小ささから、たとえ緊急手術であっても積極的に腹腔鏡下手術を取り入れています。そのほとんどは術後3日で退院でき、早期の社会復帰が可能です(表1、2、3番目)。ただし、術前の評価で巨大な腫瘍や悪性が疑われる場合などは、安全のために開腹手術を行っています(表5番目)。予定手術は、ほぼ全例前日入院で行っています。母体搬送された方の緊急帝王切開の場合、術後母児に異常がなければ積極的に転院しています(上表4番目)。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 672 0.99 1.11 30.00% 74.6
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 214 0.89 5.95 93.00% 64.2
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 20 0.80 3.50 5.00% 70.6
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) 16 1.00 1.06 0.00% 69.2
K279 硝子体切除術 13 1.00 2.23 0.00% 78.9
【解説】
当科で手術加療を要する疾患の最多疾患は白内障であり、その手術方法である水晶体再建術は、手術機器の革新的な進歩と医師の技術向上によって、近年、飛躍的に件数が増加している。当院では、片眼白内障手術は入院2泊3日を基本としている。また、当院では、網膜剥離、網膜前膜、黄斑円孔、増殖性糖尿病網膜症、眼外傷などの網膜硝子体疾患症例が多く、その手術方法である硝子体茎顕微鏡下離断術が2番目、3番目に入っているのが特徴である。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 117 0.98 6.62 0.00% 17.8
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 44 0.98 5.34 2.27% 61.1
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 23 1.22 5.35 0.00% 63.2
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 20 1.30 5.40 0.00% 51.9
K319 鼓室形成手術 19 1.32 6.37 0.00% 57.0
【解説】
当科で最も多い手術は慢性扁桃炎や扁桃肥大に対する口蓋扁桃摘出術です。次いで重度の慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術(ESS)などが続きます。いずれも入院期間は概ね1週間となっています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 14 0.00 3.93 0.00% 77.4
K0133 分層植皮術(100cm2以上200cm2未満)
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満)
K0861 断端形成術(軟部形成のみ)(指)
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満)
【解説】
主な皮膚悪性腫瘍は有棘細胞癌、基底細胞癌です。その他、ボーエン病、乳房外パジェット病などがあります。
(注)厚生労働省が定めた集計・公開条件により、年間10症例未満の手術については、患者数等各項目を”ー”で表示しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 213 1.23 4.29 0.94% 75.3
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 87 1.26 9.21 0.00% 68.9
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 76 0.62 1.84 1.32% 66.3
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 62 1.16 2.84 1.61% 62.3
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 55 1.80 3.62 0.00% 64.9
【解説】
当科では膀胱癌に対する内視鏡手術、前立腺癌に対するロボットを使った根治術、透析患者さんの透析用シャント狭窄に対する拡張術・血栓除去術、尿路結石に対する内視鏡手術、新しく透析導入になる患者さんの透析用内シャント造設術が多くなっています。どの疾患も全国の平均入院期間より短くなっており、術後、問題なく退院となっています。透析患者さんの透析用シャント狭窄に対する拡張術は緊急手術が多く平均術前日数は0.62と短くなっています。透析患者さんの手術については他院の透析施設からの紹介が多く、術後、その透析施設に帰るため転院率が高くなっています。同様に、結石に対する内視鏡手術も高齢で施設入所中の症例が多く、術後はその施設に帰るため転院率が高くなっています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 127 1.16 1.46 0.79% 67.8
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 73 0.01 11.36 6.85% 64.1
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 59 1.37 2.34 0.00% 64.7
K555-22 経カテーテル大動脈弁置換術(経皮的大動脈弁置換術) 52 5.31 8.42 9.62% 85.7
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 40 1.18 7.88 7.50% 71.1
【解説】
当院では冠動脈硬化による狭心症・心筋梗塞の患者さんが最も多いことから、カテーテル治療の症例数が上位3つを占めております。これは、当院が認定を受けている特殊な治療方法があるため県内から多くの紹介を受けていること、救命救急センターが併設されているため緊急の患者さんが多いことによります。なお、重症患者さんの占める割合が多いですが、全体的に短い在院日数となっています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 49 14.57 18.18 12.24% 67.7
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 30 2.00 4.93 10.00% 65.5
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)
【解説】
当科では、血液透析や腹膜透析に必要な内シャント手術、経皮的内シャント拡張術、腹膜透析用カテーテル留置術が多く、泌尿器科や放射線科と連携して実施しています。
(注)厚生労働省が定めた集計・公開条件により、年間10症例未満の手術については、患者数等各項目を”ー”で表示しています。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植の場合) 16 9.06 2.56 0.00% 59.8
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 11 7.18 23.36 9.09% 73.6
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合)
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他)
【解説】
多発性骨髄腫に対する大量化学療法併用自家末梢血幹細胞移植の件数は増加しており、末梢血幹細胞採取も増加しています。また、リンパ腫の症例も増加しており、確定診断のためのリンパ節摘出術も増えています。
(注)厚生労働省が定めた集計・公開条件により、年間10症例未満の手術については、患者数等各項目を”ー”で表示しています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 193 1.66 8.60 8.29% 74.3
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 181 0.55 1.34 0.00% 67.6
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 149 0.99 5.72 2.01% 73.5
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 131 0.20 4.56 0.00% 72.7
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 93 1.29 4.78 8.60% 73.4
【解説】
胆管結石による胆管炎、膵がん、胆管がんに伴う閉塞性黄疸等の治療である内視鏡的胆道ステント留置術、乳頭括約筋切開術のほか、大腸ポリープの内科的な治療である内視鏡的結腸ポリープ切除及び早期悪性腫瘍粘膜下層剥離、肝臓がんに対する血管塞栓療法、胃がんにする内視鏡切除術(主に粘膜下層剥離術)の件数を示しています。消化器内科ではこれらの病気が多い傾向にあります。内視鏡的結腸ポリープ切除、早期悪性腫瘍粘膜下層剥離は予定の治療でありクリニカルパス入院で行っています。肝臓がんに対する血管塞栓療法は治療前、治療後ともに短期間の入院となっています。内視鏡的胆道ステント留置術を行う患者様は緊急入院して処置を行うことが多く、入院期間もやや長めの傾向にありますが、上記疾患のいずれの治療も内科的で低侵襲な治療です。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 256 1.16 2.50 2.73% 62.8
K6335 鼠径ヘルニア手術 214 1.05 2.07 0.47% 69.3
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 162 2.86 9.10 6.79% 71.6
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 69 1.25 9.93 4.35% 70.6
K740-21 腹腔鏡下直腸切除・切断術(切除術) 40 2.53 9.60 2.50% 66.6
【解説】
消化器外科での入院患者さんのほとんどが手術を目的とした患者さんで、診断群(DPCコード)、手術種類(Kコード)、分類方法による細分化のされ方により順位が変わっています。2017年の実績では胃悪性腫瘍手術は70.9%、大腸悪性腫瘍手術は88.9%、総胆管結石を除く胆嚢摘出術は100%が腹腔鏡下で行われ、その比率はいずれも年々増加傾向です。特に腹腔鏡下胆嚢摘出術ではreduced port surgeryを積極的に導入し、単孔式をはじめとして細径鉗子の使用など、整容性の更なる向上に努めています。ヘルニア外来を設け、近年増加している成人ヘルニアに積極的に対応しています。いずれの疾患でも、在院日数は全国平均と比較して極めて良好で、術後の経過が順調である事がわかります。
乳腺・内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 73 1.03 4.45 0.00% 63.3
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) 41 1.17 4.54 0.00% 53.6
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 29 1.07 9.72 0.00% 62.5
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 20 1.10 7.35 0.00% 67.4
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) 20 1.00 8.95 5.00% 64.8
【解説】
乳房切除術(郭清を伴うもの)に関しても、手術例の平均年齢が全国よりも約10歳上回っており、合併疾患を有する高齢者が多い現状の中、在院日数は全国平均レベルになっています。
新生児内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 95 0.00 32.39 4.21% 0.0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 17 0.00 93.00 5.88% 0.0
K7292 腸閉鎖症手術(腸管切除を伴う)
K2762 網膜光凝固術(その他特殊なもの(一連につき))
K528 先天性食道閉鎖症根治手術
【解説】
蘇生が必要な新生児疾患のすべてに対応しています。早産児の未熟児網膜症等の手術に関しては眼科と協力して治療に対応しています。
(注)厚生労働省が定めた集計・公開条件により、年間10症例未満の手術については、患者数等各項目を”ー”で表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 14 0.08
180010 敗血症 同一 52 0.30
異なる 36 0.21
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 185 1.06
異なる
【解説】
○播種性血管内凝固は、感染症などによっておこる全身性の重篤な病態です。
○敗血症は、感染症によっておこる全身性炎症反応の重症な病態です。
○手術・処置などの合併症は、手術や処置に伴い一定割合で発生してしまう術後出血や創部感染などの病態であり、医療ミスとは異なります。
○入院契機欄は、傷病名(DPCによる診療報酬請求における「最も医療資源を投入した傷病名」)が入院の契機となった傷病名と同一の場合に「同一」、異なる場合に「異なる」とし区分しています。
○発生率は、当院の平成29年度の全退院患者数(集計対象外を除く)に対しての、各条件に該当する症例の発生割合です。
上表の4つの傷病は、高度救命救急センター、地域がん診療連携拠点病院として、重症症例を多く受け入れている当院では、日常の診療の中で取り扱う傷病です。がんや感染症などで入院した後に全身状態が悪化しこれらの傷病に至るケースは、一定の確率で発生することはやむを得ないと考えています。しかし、医療の質の観点から、少しでも入院中の発症を減少させることが望まれる傷病です。
(注)厚生労働省が定めた集計・公開条件により、年間10症例未満の区分については、症例数等各項目を”-”で表示しています。
更新履歴
2018.9.27
作成・公開