血管外科

診療科の紹介・特色

一色 真吾

主任部長

一色 真吾

 昨年度までは心臓血管外科として診療しておりましたが、本年度から血管外科として独立することになりました。当科はすべての疾患に対し、「最小の侵襲で最大の効果を」という基本方針のもと、日々診療にあたっています。

 胸部・腹部大動脈瘤に対しては解剖学的状況が許せば、カテーテル人工血管内挿(ステントグラフト内挿術)手術を第一選択としています。特に腹部大動脈瘤に対しては90パーセント程度がカテーテル治療となっております。現在では、中四国でもかなり上位の症例数をこなし、有数のステントグラフト実施施設となりました。

 最近では、大動脈瘤のみならず、大動脈解離に対してもステントグラフト内挿術での治療が可能であれば積極的に加療しており、その適応を広げています。

 また、末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症)に対しても、カテーテル手術を積極的に行っております。カテーテル治療ができない症例に対してはバイパス手術を施行し治療しております。外科的加療とカテーテル治療を同じ科で選択できるメリットを最大限に活かし、患者さん一人ひとりの病態を鑑み、適切な治療法を選択しております。

 下肢静脈瘤に関してもカテーテルによる焼灼術を選択できるようになりました。従来の抜去切除術と焼灼術のうち、それぞれの病態を考え、最善と思われる手術法を選択し施行しております。

対象疾患

(1)胸部大動脈瘤・腹部大動脈瘤

(2)大動脈解離

(3)その他の動脈瘤

(4)閉塞性動脈硬化症

(5)下肢静脈瘤・血栓性静脈炎・深部静脈血栓症

(6)リンパ浮腫

外来担当表

血管外科

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 一色 真吾    

一色 真吾

 
午後 一色 真吾

下肢静脈瘤外来

(第1・3・5)

 

一色 真吾

 

施設認定

日本ステントグラフト実施基準管理委員会ステントグラフト実施認定施設(胸部大動脈瘤)

日本ステントグラフト実施基準管理委員会ステントグラフト実施認定施設(腹部大動脈瘤)

下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会レーザー静脈瘤治療実施認定施設

日本脈管学会認定施設