災害医療センター

センターの紹介

災害医療センター長

濱見 原

 「災害拠点病院」は地震災害などの大規模災害において、発災初期の 被災地内での迅速な医療活動の拠点となるもので、愛媛県には8つの 災害拠点病院が指定されております。 特に、当院はその中心となる「基幹災害拠点病院」に認定され、 その機能を維持できるように院内での教育・研修・訓練に励んでおります。 また、消防機関や災害拠点病院、救急医療機関等と連携し、 災害時の全県的な災害医療体制の確立に努めます。

 

防災ヘリのドクターヘリ的運用とドクターカー

 

ドクターカー、DMATについて

  • ドクターカー
    平成22年3月24日に配備されました。

  • DMAT
    Disaster Medical Asistance Teamの略で、医師、看護師などで構成され、大規模災害や事故などの現場で活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。