がん治療センター

センターの紹介

中西徳彦

がん治療センター長

中西 徳彦

 愛媛県立中央病院は、平成19年1月31日に「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受け、がん診療の機能強化を目的として、平成21年春、がん治療センターを発足させました。愛媛県立中央病院にとって、がん医療は、救急医療、周産期医療とともに 診療の大きな柱の一つであり、今後も、更なるがん診療機能の充実、 他の医療機関との協力体制強化など、地域のがん医療水準の向上に努めていきたいと思います。

 

がん治療センターの組織と主な対象疾患と治療手段等

  • 血液内科:白血病、リンパ腫、骨髄腫などに対する化学療法・造血幹細胞移植
  • 乳腺甲状腺外科:乳がん、甲状腺がんなどに対する外科的治療・化学療法
  • 呼吸器内科:肺がんなどに対する化学療法
  • 呼吸器外科:肺がんなどに対する外科治療
  • 放射線科:各種がんに対する、リニアックなどを用いた放射線治療

 消化器、泌尿器、婦人科、小児科、耳鼻咽喉科、脳外科、皮膚科、形成外科、眼科などの領域のがんに対してもそれぞれの診療科と連携し、適切ながん医療を進めて参ります。

 

がんに関する情報はこちらをご覧ください

がん治療センター施設

  • 外来化学療法室

    外来化学療法室

  • 無菌室

    無菌室(造血幹細胞移植)