外来化学療法室

外来化学療法室について

吉山 広嗣

外来化学療法室長

吉山 広嗣

 外来化学療法室は2005年1月にオープンしました。

 外来で、化学療法薬(抗がん剤)の点滴治療を受けられる患者さん・ご家族の方が、 安全に安心して治療を受けていただけるように、スタッフ一同協力し取り組んでいます。

 ご利用には、医師の診察予約、化学療法室の予約が必要になります。化学療法室についてのお問い合わせは、各診療科または外来化学療法室までご連絡ください。

 

外来化学療法室の概要

 外来化学療法室では、専任医師や専門資格を有する看護師を中心に、病気や治療に関連した問題点のスクリーニングを治療ごとに行い、主治医と情報を共有することで、より良い治療や支援ができるよう努めています。

 

◆病床数

 20床(ベッド8床、リクライニングチェア12床)

 

◆主な診療科

 血液内科、呼吸器内科、消化器内科、消化器外科、乳腺・内分泌外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、耳鼻咽喉科

 

◆スタッフ体制

 医師:1名/日(当番制;午前・午後で交代)

 薬剤師:1~2名/日 薬剤部で調製後、化学療法室へ搬送

 看護師:6~8名/日

 看護助手:1名/日

 受付:1名/日

 

主な対象疾患

 婦人科:卵巣がん、子宮がん

 内科:肺がん、膵臓がん、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫

 外科:乳がん、膵臓がん、胃がん、大腸がん

 泌尿器科:前立腺がん

 

外来化学療法室実績PDF

 

外来受診から化学療法実施の当日の流れ

化学療法フロー

 

少しでも快適にすごしていただくために

  • 担当看護師が、患者さん・ご家族の方が苦痛となっていること、気がかりなこと、ご自宅での生活や通院状況などを伺い対応します。
  • 予約制ではありますが、診察時、化学療法室入室時に待ち時間が生じることがあります。効率的な実施や待ち時間への対応などを心がけていますので、ご希望やご意見があるときは声をかけてください。
  • 化学療法室は限られたスペースではありますが、ご希望時には家族の方もそばで過ごしていただけます。
  • 点滴が長時間の方や、昼食前後の予約となる方がいます。室内で飲み物・軽食の摂取を可能としていますので、必要時は持参してください。
  • 脱毛への対処の1つとして、試着用ウィッグ(男性用・女性用)があります。帽子のパンフレットなども用意しておりますので、いつでもお立ち寄りください。
  • 治療中は、テレビの視聴などをしながらリラックスして過ごしていただきたいと思います。イヤホンをご持参ください。
  • 初めてご利用される方には、外来化学療法室の見学をしていただいています。ご希望の方は診療科医師・看護師に声をかけてください。